無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7話
🦊「ん〜もー寝よっかな!」

🐰「僕リビングで寝るのでヨンジュン先輩は僕の部屋のベッドで寝て!」

🦊「いや良いよ僕がリビングで寝る!」

🐰「いや大丈夫!遠慮せずに」

🦊「そっそう?それとも一緒に寝る?」

🐰「はっ?///」

🦊「冗談だよ笑」

🐰「もっもう!」

🦊「じゃあやすみ!」

🐰「おやすみなさい!」

次の日🐔

🐰「おっヨンジュン先輩おはよう」

慣れないタメ語で一生懸命話した。

🦊「おはよう🌞」

🐰「朝ごはんは目玉焼きとハムです!」

🦊「おっうまそ」

🐰「出来ました!」

🦊🐰「いただきまーす」