前の話
一覧へ
次の話

第26話

おくりびと 後編(りょう)
182
2020/04/17 17:34
あなた
あなた
うん…!
りょう
りょう
大丈夫……絶対に家族の元に帰して見せるから!
りょう
りょう
未だ手がかりつかめず……か
としみつ
としみつ
ん?どうしたんだ?
そんな浮かない顔をして〜!!
りょう
りょう
……ん?
あ〜いや、なんでもないw



俺たちは企画でパーキングエリアに来ていた。






あなた
あなた
うわぁー!!
名古屋の食べ物ってなんか美味しそう!!
りょう
りょう
生きてる間に名古屋に来たことなかったの?
あなた
あなた
うん……死んじゃった所は別の場所だし……
りょう
りょう
そうか……本当に辛かったね…
あなた
あなた
ううん
気にしてないから大丈夫だよ!





パーキングエリアの外で休んでいた僕達はまた中に入って、企画用の物品を購入していた。
あなた
あなた
あ……これ……
りょう
りょう
どうしたの?
彼女が手に取っていたのは、ここら辺では見かけないきびだんごであった
りょう
りょう
珍しいね……確か岡山の名産品だったかな
あなた
あなた
なんか……食べた事あるし……なんか……懐かしい……
彼女はとても懐かしそうにきびだんごを見つめる






りょう
りょう
……行こう、君の故郷に



てつや悪い!ちょい出かけてくるわ!どうにかして帰って!!
てつや
てつや
お?……おう…


俺は自分の車で、岡山方面へと出発した



まあてつやの車もあるしみんなはどうにか帰れるでしょう














しばらく経って、岡山に入った
あなた
あなた
あ……ここを右に曲がって……

あそこをまっすぐ行って……





はっきりと、彼女も記憶が蘇って来ているようだ……
あなた
あなた
ここ!!




この子が指さしたのは団地の中の一軒家

俺は怪しまれないように団地に入る手前の所で停めた

あなた
あなた
おにーさん……ありがとう!!
バイバイ!
りょう
りょう
うん、さようなら…
俺は彼女の後ろ姿を見送った。

丁度、玄関の所で、姿が消えてしまった…















後日談

次の日、俺も家に帰りあの子の事件の事について調べてみた。



りょう
りょう
これかな?


名前 岩倉 あなた
年齢 12歳(小学6年生)
岡崎市内で交通事故に会い死亡、当日は岡山から修学旅行に来ていた。






丁度50日前の話だった。










りょう
りょう
家族の元に帰れて良かったね……あなたちゃん…
家族の事を見守ってあげてね…
何故か涙が出てきた







俺はそんな大したことしてないのになぁ















???
なんで泣いてるの〜?
おしまい














りょう
りょう
随分と遅くなったね
作者
作者
楽しみに待っていてくれた皆さん、そしてリクエストを頂いたせなさん、大変申し訳ございませんでした!!┏○┓

諸事情や構想がしっかりとまとまらなかったこともあり、完結に時間がかかりました!
りょう
りょう
本当はサボってたんでしょ
作者
作者
ウンウン……って違うわい!!
前回も話した通り投稿頻度が落ちます!それでも楽しみに待って下さるとありがたいです!
りょう
りょう
ただえさえファン少ないんだからこれ以上ファン離れを起こすなよ〜
作者
作者
わ……わかってます…
あなた
あなた
次回もお楽しみに〜!
???
じゃーねー!
作者
作者
いやお前誰だよ()

プリ小説オーディオドラマ