無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

381
2020/05/09

第8話

8話!
中島ゆうか

私は直ぐに裏切らないなんて言えなかった

私だって人はすぐ裏切ると思うから



でもこのままじゃいけないよね…


大西くんも私が助けたい…




次の日




ゆうか「おはよぉ」




道枝「ゆうかちゃんおはよ!」



長尾「ゆうかちゃんおはよう」



ゆうか「あれ?大西くんは?」




道枝「それが知らない人たちに屋上に連れてかれてて」




長尾「助けに行こうと思ったんだけど屋上のドアの前で」



道枝「怖い人が立ってたから行けなくて」




ゆうか


あ、これやばい…助けなきゃ

どこの屋上だろ…小等部中等部高等部どれもここから近い



ゆうか「どの屋上?」



道枝「それが…」



長尾「どの屋上に行ってもドアの前に怖い人立ってて分からない」



ゆうか「んじゃもう全部行くしかない!」



ゆうか「高等部も中等部もいないてことは」




ゆうか「やっぱり…」


ゆうか「あのぉ?」



怖い人「あ?」



ゆうか「そこに大西くんいますか?」




怖い人「いるよ」




ゆうか「ちゃんと言ってくれるんだ」




怖い人「あんたが来たら屋上に連れてこいと言われてるんだ来い」



ゆうか「誰が?って」



ゆうか「生徒会と誰?」





岩橋「やぁっと来たぁんじゃ大西くん飛んで?」



大西「…」



ゆうか「やめて!」



岸「ごちゃごちゃうるさい」


その頃



俺菊池風磨です


屋上いるんだけどなんかやばいうん


あれ中島の妹だな…よし行こう←




菊池「何してんの?」


ゆうか「?」


岩橋「なんでここにいんだよ」



神宮寺「最初っからいたんじゃねぇの?」



菊池「そーゆーこと」



岸「まぁいいや早く飛んで?」



菊池「飛ぶってここ四階だろ…」


岩橋「はい!バイバイ」


大西「っ…」



菊池「ちょおい!あぶね…引っ張んなきゃ…」




ゆうか「大西くん平気!?あんたはここじゃなくて後ろやばいからお願い!」


菊池「あーわかった後よろしく」



大西「もういいよ…」


ゆうか「言ったでしょ!助けるって!今度はあんたが主人公になる番!」



大西「え、…」



ゆうか「もう無理だわ体力なくてごめんねちょっと落ちるよー」




大西「は?ちょ死ぬ!」




どたん!




ゆうか「いったー!怪我ない?」



大西「下敷きになってくれてたからなんともない」


ゆうか「良かったぁ!」


大西「ごめんね…信じなくて」





ゆうか「いいよ!誰も簡単にすぐ信じれる人なんてあんまいないよ!」



大西「うん、」






先生「おい!大丈夫か?」




ゆうか「私は平気!大西くんちょっと怪我してるから手当してあげてください」





中島健人「ゆうか大丈夫か!?」




ゆうか「うん!平気!」




中島健人「良かった大西くんも平気?」




大西「あ、はい」