プリ小説

第23話

紅一点






__JUMP side






















八乙女「 姫のさ、照れた顔って見たことなくない? 」











八乙女の一言で



全員が 確かに、なんて思ったこの時、




































有岡「 あなた髪染めたってT○itter で言ってたよ 」
















なんで黒崎のツイート把握してんだよ



なんて全員の思考が一致した

























































髙「 じゃあさ、__________ 」












山田「 お、いいね〜 」



知念「 普通に楽しみなんだけど w 」


































もうすぐであなたが来るからって



全員が少し身構えてた













































そして、




ガチャ




黒崎「 おはよう… 」


有岡「 あ!あなた染めた! 」




















































































〝あなたの事、全員で褒めまくろうよ〟






髙木の言葉通り、


全員が黒崎を褒めちぎったら…
























「 …あー、もうすぐ撮影だった気がする、じゃあ! 」
























顔を真っ赤にした黒崎が楽屋を出て行った












バタン


















伊野尾「 可愛い過ぎかよ!! 笑 」



山田「 あーまじ天使 」











































































この後、

しばらく黒崎に無視され続けたJUMPさんでした。








シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ナナ .
ナナ .
ちょっとくらい夢見させて 八 乙 女 光 │ 佐 藤 龍 我 │ 岸 優 太 │ 藤 井 流 星