プリ小説

第20話

紅一点








今日は映画の試写会に来ています




というか参加しています































二宮「 よろしくお願いします 」














なんと共演者の中には二宮くんがいるんですね〜



最近は二宮 三昧で最高ですね。























「 ○○役の、黒崎あなたです。よろしくお願いします 」





















一通り挨拶が終わり




ついに放送されることになった




























因みにこの映画は


ガッツリ ミステリー





というか、殺人系?のやつです





























































































( 二宮「 っるせぇなお前が殺ったんだろ !? 」胸ぐら掴む )






( 「 ふっ、…私が? だったら証拠見せなさいよ。」)


































今回は結構役に入り込めてたと思います





凄く自信作です
































































二宮「 うわあ、痛そう… 」←小声









二宮「 あ、あれうまそ〜 」←小声
















映画は慣れてるはずの二宮くんが




終始うるさかったのは、ここだけの話。笑































































































二宮「 △△△〜! 」





「「 ぜひ、ご覧ください!! 」」

















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ナナ .
ナナ .
ちょっとくらい夢見させて 八 乙 女 光 │ 佐 藤 龍 我 │ 岸 優 太 │ 藤 井 流 星