プリ小説

第22話

紅一点








わたくし、


予告通り 髪を染めました。←






















色はこげ茶みたいな感じで


毛先にピンクが入ってるやつです













私あんまり詳しくないんで説明下手ですが 。






画質悪いけどこんな感じ↓

































とりあえずこんな感じで楽屋へ向かいました



































































ガチャ






「 おはよう… 」






有岡「 あ!あなた染めた! 」



「 …あ、うん 」




















入って0.1秒くらいで気づいちゃう奴 。























伊野尾「 ほんとだ〜、可愛さ増したね♡ 」



「 あーうん、ありがとう 」































知念「 なんか新鮮 」



山田「 あなたって今まで黒だったよね? 」





中島「 普通に可愛いじゃん 」

































…そんな寄ってたかられると 照れるんですが、




























































「 …あー、もうすぐ撮影だった気がする、じゃあ! 」















逃げるように楽屋を去った。





































































…絶対顔赤かったし…!








なんなの、いつもあんなに褒めないくせに、
















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ナナ .
ナナ .
ちょっとくらい夢見させて 八 乙 女 光 │ 佐 藤 龍 我 │ 岸 優 太 │ 藤 井 流 星