無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

紅一点







私は生まれて初めて




恋をしてしまった


































それも、同じグループのメンバーに。
























有岡「 あなた、ティッシュ取って 」




「 … 」













…いやいや、好き、とかじゃないと思うし ?




第一、私なんかと釣り合う相手じゃないし





































有岡「 おーい、…あなた? 」



「 …えっ、あ、ご、ごめんっ 」

























有岡「 珍しいね、熱でもあんの? 」








すると大ちゃんは


私のおでこにピタッと手を当てて















「 っ ! 」





有岡「 あー、ないね 」



















































「 …う、うん、大丈夫 」























やばいよ、どうしたんだよ黒崎 !!






ドキドキしすぎて頭が回らないよ…、




















































山田「 あなた顔色悪くない? 」



伊野尾「 確かに。 俺がお姫さま抱っこしてあげよっか ?? 」









「 …うん、そうだね 」






























知念「 あ、あなたちゃんチョコ食べる? 」



「 うん、そうだね 」





















みんなは顔を見合わせて


























中島「 黒崎が壊れた !! 」



八乙女「 えーっと、とりあえずスタッフ呼んでこよっか 」



薮「 いや、ちょっと様子見たほうがいいかも 」





























ハッと意識を取り戻して










「 ………え、…みんなどうしたの…? 」




有岡「 お前がどうしたんだよ! 笑 」




山田「 完全にぶっ壊れたのかと思ったわ 」





















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ナナ .
ナナ .
ちょっとくらい夢見させて 八 乙 女 光 │ 佐 藤 龍 我 │ 岸 優 太 │ 藤 井 流 星
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る