無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

紅一点







そこから沢山の月日が流れ、




あの日から2年ちょいが経ってました






























…という事は?







































岡本「 みんなただいまー!! 」




\キャー!!♡/


























大好きな けいとりんが帰ってきました。





















ライブMCの時にサプライズで登場しようって、



圭人本人の発案で。
































岡本「 ただいま、あなたちゃん 」



「 …おかえり、」




















久しぶりに会った圭人は、











なんだか大人っぽくなってて



背も伸びた気がして、






















なにより堂々としてた。




































山田「 じゃあみんなで おかえりって言ってあげましょうよ 」





\イェーイ!!/











山田「 せーのっ 」
































「「 おかえりー!!!」」























ここにいる全員が、


なんだか1つになった気がして胸が熱くなった
























岡本「 うっ、…ありがと、っ(泣) 」









けど、泣き虫なのは相変わらずな圭人でした 。












































薮「 じゃあ今後はどうしよっかね !(ワクワク) 」



山田「 パーっと派手にやりましょうよ!」



































































「 あ、そういえば私、芸能界引退することになりました。」




















一瞬場が静まって、














知念「 えー!!? 」










一瞬で大騒ぎになりました。












シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ナナ .
ナナ .
ちょっとくらい夢見させて 八 乙 女 光 │ 佐 藤 龍 我 │ 岸 優 太 │ 藤 井 流 星
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る