プリ小説

第9話

紅一点




次の日

楽屋に入ると







「 おはよう… 」


知念「 あなたちゃん!ネットニュース見たよ! 」




「 …ネットニュース? 」







私何かしたっけ、



知念ちゃんのケータイを覗き込むと









〝黒崎あなた、ファンに神対応!〝まさに天使の微笑み〟〟









「 …え、」


知念「 天使の微笑みだってw 記者さんってほんっとセンスあるよね〜 」



「 …え、きもい 」



知念「 まあまあ、そんなこと言わずに 」



「 知念ちゃん…! 」



知念「 うんうん 」



「 …もう私ファンサしない 」



知念「 え、ダメだよ 」







すると誰かが入ってきた






有岡「 あなたあなたあなたあなたあなた!! 」


「 …あー、うるさいうるさい 」




山田「 よっ、天使の微笑みちゃん 」


「 …っ💢 」




伊野尾「 やっほー姫、今日も可愛いね♡ 」



















みんなの私に対する扱いが変わった気がする




…たった一枚の記事で!!


ふざけんなよ!!























私も口悪くなっちゃうよ?



クール系じゃなくてグレ系になっちゃうよ ?!
























××××××!! ( 自主規制 )
























(キャラ崩壊中)





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ナナ .
ナナ .
ちょっとくらい夢見させて 八 乙 女 光 │ 佐 藤 龍 我 │ 岸 優 太 │ 藤 井 流 星