プリ小説

第29話

紅一点




__黒崎side





























私は、ずっと前から




太陽みたいな君に憧れていた

























…けど、今気づいた




























〝好き〟って気持ちを、〝憧れ〟で誤魔化してたんだって 。









































…好きなんて、ダメかな?








君は受け入れてくれる?





































「 …ありがと、大ちゃん 」



有岡「 おうよ 」


















何も無かったように、


キラキラ笑ってた 。


















…胸がドキドキする



















































__きっと君に恋してる。


















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ナナ .
ナナ .
ちょっとくらい夢見させて 八 乙 女 光 │ 佐 藤 龍 我 │ 岸 優 太 │ 藤 井 流 星