プリ小説

第14話

紅一点








永瀬「 えー、今回はですね、SixTONESの高地くんから来てます 」


「 ほう、」






永瀬「 〝 JUMPの山田くんから、あなたちゃんは大のモノマネ好きと聞きました。本当ですか?〟 」



「 あー、やられたわ 」





永瀬「 え、あなたさんモノマネするんすか? 」


「 …え?…まあ、はい 」


永瀬「 え、因みに見せてもらうことって出来ます? 」







「 …嫌です。お断りします。後で高地くんには腹踊りしてもらいましょう。」(真顔)



永瀬「 wwww だそうです〜、」






平野「 では続いて、東京B少年、那須雄登くんから。」


「 なす⤵︎くん 」





平野「 はい、えーっと 」



永瀬「 ちょ待ってw え、なす⤴︎くんやんな? 」



平野「 え、なす、なす……うん? 」




「 確かに、なす⤵︎だと野菜の方になっちゃうもんね 」



永瀬「 な、なすくーん? 」















那須「 はい 」




\キャ--!!♡/







「 あの、なす⤵︎くんですか?なす⤴︎くんですか? 」


那須「 www えーとですね、常識的に考えてなす⤴︎ですね。」

「 …あー、だそうです。」



永瀬「 いや俺らに言われてもww 」


平野「 まあどっちでもいいんじゃないですか? 」←?







那須「 あーいや、良くないですねw あと、質問読んでもらっていいですか?w 」


平野「 あ、そうでした。」




















平野「 えー、…〝是非、今度一緒にご飯行きたいです。〟」



「 ……え、普通! 」



那須「 そうなんですよw めっちゃ普通の事書きました 」












「 …まあでも、ご飯くらいは行きたいなって思ってますけどね 」


那須「 あざっす! 」


「 …まぁ、なす⤵︎くんの奢りでね 」




那須「 あ、なす⤴︎なんですけd..「 私これからなす⤵︎くんって呼ぶんで 」」















那須「 …あ、はいw 」



永瀬「 それでは、次?やねんな? 那須くんスタンバイ行って来ぃ 」












那須「 あ、行ってきますっ! 」







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ナナ .
ナナ .
ちょっとくらい夢見させて 八 乙 女 光 │ 佐 藤 龍 我 │ 岸 優 太 │ 藤 井 流 星