前の話
一覧へ
次の話

第4話

第肆話 「素朴な疑問」
541
2022/08/01 15:22
作者
3、4ヶ月ぶりですね(白目)
作者
ほんとにすいません(土下座)
作者
この小説、あんま人気出なさそうだなぁ~って思って放置してたら51お気に入りも頂いていて……
作者
これからも「あ、こいつ生きてたんだ」くらいの目でも良いので見てくれると幸いです
ピンポーン
朝霧彩
はーい?
ガチャッ
朝霧彩
わ、あなたさん!どうしたんですか?
あなた
いやさ…お願いがあって…
朝霧彩
まず上がってって下さい!お茶出しますよ!
あなた
ほんと?ありがとう(泣)
あなた
(ほんとに良い子で良かった……)
~彩の部屋~
朝霧彩
で、どうしたんですか?
あなた
これをさ………
朝霧彩
封筒…?
あなた
彩ちゃんって、か、管理人漆に自分から会うことって出来る………?
朝霧彩
出来ますよ
あなた
ほんと…?!この封筒をさ、漆に渡してくれる…?
朝霧彩
良いですよ~
あなた
あ"ぁ"ほんとにありがとう(泣)
朝霧彩
わっ…?!泣かないで下さい…(困)
あなた
ごめんね…
朝霧彩
でも、どうしてあなたさんがこの封筒を…?
あなた
実は…管理人弐に渡しておいてって任されて…
あなた
管理人捌に渡すことは出来たんだけど…管理人漆だけはほんとに怖くてさ…
朝霧彩
なるほど……
あなた
彩ちゃんは管理人漆怖くないの?
朝霧彩
少し怖いですけど……もっと怖いの(兄)に会ったことあるので……
あなた
強………
朝霧彩
…今から漆に会います?(鬼)
あなた
いいよいいよ大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫(滝汗)
朝霧彩
ふふっ…初めてあなたさんのそんな顔見ました…
あなた
(鬼系美少女………)
朝霧彩
わ、そろそろ買い物に行かなきゃだ………
あなた
そんじゃ、私は去りましょうか~
~玄関~
朝霧彩
それでは、また学校で
あなた
じゃーねー!ありがとうねー!
タッタッタッタッタッタッタッタッ
あなた
(ほんと、うちの管理人が漆じゃなくて良かったな…………)
あなた
(…弐に感謝しよ………)

プリ小説オーディオドラマ