無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

寺 島 く ん 🐴
 わたくし寺島。


ただいま怒です。


あんねっ、だってねっ?


あなたがじんたんとばっか喋るんです。


『じんた〜んっ!!』


ジン『んーっ?』


『すぅーきっ!』


ジン『えへへぇ。ありがと😳』


じんたんもじんたんで何照れてんだよ!!


『ちょっとおトイレ!!』


ジン『うん。いってら〜』


あなたトイレ中…


テオ『…じんたん』


ジン『んぇ?』


テオ『なんであなたはじんたんとばっか

仲良くすんのぉ。俺の彼女じゃん?』


ジン『うぉ。寺島くん嫉妬ってやつですな。』


テオ『……』


ジン『ではでは、あなたを嫉妬させますか』


テオ『ん……?』


数分後…


『トイレ終わったぜい!!

って2人とも何しとん??』


テオ『じんた〜ん

この女優さんめっちゃ可愛い♡』


ジン『うっわあ♡ホントだっ!!』


『なぬっ…!?』


スカイピース ((わちゃわちゃ


『寺島くん!!彼女がいながら他の女の子に

"かわいい"とは何事じゃ!!』


怒る時のこの言い方かわいいんだよなぁ。


テオ『あなた氏がした事をしただけだが?』


『わたしは他の男の子なんぞ眼中に無いぞ』


テオ『では何でじんたんとあんなに仲良く?』


『それは…

じんたんにかまってほしかったから?』


テオ『あぁ。もういい。俺の事はいいんだね( ˙-˙ ) 』


テオ ((自分の部屋に行く


『どうしよ…』


ジン『ちゃんと自分の気持ち伝えてきなっ?』


『うんっ!!』


in寺島くんの部屋


『テオくんっ??』


テオ『なに?』


『さっきはごめんね?

あなたはテオくんが世界でいちばんだいすき!!』


テオ『んなっ…/////』


『あぁ。テオくん照れてるんだあw』


テオ『ん、ばかっ照れてねーし。』









嫉 妬 し ま く り カ ッ プ ル 💗









テオ『俺も世界でいちばんだいすきだよ((ボソッ』










さくしゃちゃん♡
さくしゃちゃん♡
なんか、仲直りさせようとするとお互い嫉妬させちゃうんですよね((語彙力
さくしゃちゃん♡
さくしゃちゃん♡
あ、それと!!
みやも登場させたいな…なんて。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぽ こ
ぽ こ
スカイピース✌️ 寺 島 く ん 🐴
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る