プリ小説
一覧へ

第1話

思い出は、、
『……もう、さよならなの』


いつの日かの幼い私が呟く。


── さよならじゃないよ、またいつか会えるよ。


目の前の男の子が呟く。


『いつかっていつ…?』


── それは分からない……でもいつかまた会おう。


── 僕が会いたいって思って、みいも会いたいって思ってたら必ずまた会えるから。



男の子のそんな言葉と共に辺り一面に霧がかかったように白く染まる。



最後まで、男の子の顔もはっきりとは見えなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

咲笑
入賞者バッジ
咲笑
咲笑と書いてさえと読みます! 趣味は、アニメを見ること、小説を書くこと、お菓子を作ること、 声優さんの歌を聴くこととか…。 アニメが大好きです! 約ネバにハマってます! ヒプマイらぶです。 声優は、しもんぬ、ゆうたん、斎藤壮馬さん島崎さんとか全員大好きです!!