無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7


修学旅行が近づくにつれて、女子の間ではとあることが話題にあがることが多くなった。



それは───。




「ねぇねぇ、やっぱり修学旅行で告白するべ?」


「こういう時じゃないと勇気でないしな〜…」


「私、2日3日目の自由行動、安藤くんとまわりたいんだよね〜」


「私は佐藤くん。一緒に回ってくれるかなー…?」


「あたしも村重くんと…でも、村重くんって女子嫌いそうだから無理そうかも……」





そう、やっぱり恋バナ。


イベントとか行事ごとになると何故かみんな勇気が湧くらしく、修学旅行後にはカップルができることが多いらしい。


これは去年の先輩が話してたことだ。


男子の中でも特に女子から黄色い声を挙げられる、はる、優都、大志の3人はこういう行事ごとの時は女子の格好の餌食になることが多い。



「って言われてますけど、皆さんいかがなさいますか?」

なんて冗談ぽく言ってみると、


「みつ〜!!お前他人事だと思って呑気なこといいやがって〜!!頭グリグリの刑だああああ!!!」


「い、たたたたた!!痛い!!なんで!?」


「僕達もそうだけど…特に春希はそうだよね」


「……俺は普通に京都行って帰ってくるだけで充分なのに…」



「この3人って何故かやけに女子から人気があるのよね……どこがいいのかさっぱりだけど。まぁ、お気の毒さまね?」


「毎行事毎行事、大変だね…」



特に興味がなさそうな顔のなっちゃんにも何か言ってほしい!!


なんで私だけ!!!








シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

咲笑
入賞者バッジ
咲笑
咲笑と書いてさえと読みます! 趣味は、アニメを見ること、小説を書くこと、お菓子を作ること、 声優さんの歌を聴くこととか…。 アニメが大好きです! 約ネバにハマってます! ヒプマイらぶです。 声優は、しもんぬ、ゆうたん、斎藤壮馬さん島崎さんとか全員大好きです!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る