プリ小説

第26話

25


『もう僕のこと忘れちゃった?』



確かにそう聞こえた。




忘れた?


何を?


なんでそんなにかなしそうなかお────。








─── 「どうしていつもそんなにかなしいかおをしているの?」




男の子目がさらに開くのがわかった。

















そして、











「君が僕のことを忘れていることがとても悲しい。









お願いだから、忘れないで。
















みい」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

咲笑
入賞者バッジ
咲笑
咲笑と書いてさえと読みます! 趣味は、アニメを見ること、小説を書くこと、お菓子を作ること、 声優さんの歌を聴くこととか…。 アニメが大好きです! 約ネバにハマってます! ヒプマイらぶです。 声優は、しもんぬ、ゆうたん、斎藤壮馬さん島崎さんとか全員大好きです!!