無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1


そんな夢を見た。


それはもう数え切れないくらいに。




私のことを

『みい』

と呼ぶ君のことを、

私はまだ記憶の中から見つけ出せない。




『みい』という呼び方も君の言葉も覚えているのに、君の顔も名前も私は覚えていなかった。




❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁




~北海道某所にある雪並高校~






「……き…みつ……みつ、き…みつき!!」


聞き慣れた声によって私は自らその夢を手放して現実の世界に戻った。




「……ん、」


重い瞼をゆっくり開けると、目の前には見慣れた顔の友達が立っていた。



「実生やっと起きた…これからクラスルーム始まるって言うのにぐっすりなんだから…」


「起こしちゃってごめんね?実生ちゃん。あんまり気持ちよさそうに寝てたから起こすの悪いとは思ったんだけど……」




渡辺 実生 ワタナベ ミツキ 17歳。

とにかく寝ることが大好きな高校2年生。



私の学校での母的存在な、

なっちゃんこと、

小林 夏海 コバヤシ ナツミ



そして、いつもおどおどしている、

ちーちゃんこと、

田中 千草 タナカ チグサ



私がいつもよく一緒にいる、女子たちだ。








シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

咲笑
入賞者バッジ
咲笑
咲笑と書いてさえと読みます! 趣味は、アニメを見ること、小説を書くこと、お菓子を作ること、 声優さんの歌を聴くこととか…。 アニメが大好きです! 約ネバにハマってます! ヒプマイらぶです。 声優は、しもんぬ、ゆうたん、斎藤壮馬さん島崎さんとか全員大好きです!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る