無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

26






『みい』












私のことをそう呼ぶのはただ1人だけ。









夢の中で私を呼んでいた、君、だけだ。






「君、は…………」



その時、鼻になにか透き通る香りを感じた。


これだった。


それは君の名前だった。


















「………………ゆず、だよね?」







夕日に照らされた君の顔が強ばる。


その刹那、


くしゃりと歪んでその瞳からは大粒の涙が溢れ出す。






「……ゆ、ゆず……だよ、君がゆずなんだよ……私、なんで忘れて……」


ゆずの涙を見て自分の瞳からも涙が溢れ出す。






「わた、し……っ、、バカだ……大バカだよ……ごめんな、さい……ごめんなさ──」












その瞬間、



私は暖かいものに包まれた。



それはゆずの体温だった。



ゆずに抱きしめられた私の心臓はあの時とおなじリズムで動き出した。
















「ほら、ね?だから言ったでしょ?僕が会いたいって思ってみいも会いたいって思ってたら必ず会えるって。























ほら、また会えた」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

咲笑
入賞者バッジ
咲笑
咲笑と書いてさえと読みます! 趣味は、アニメを見ること、小説を書くこと、お菓子を作ること、 声優さんの歌を聴くこととか…。 アニメが大好きです! 約ネバにハマってます! ヒプマイらぶです。 声優は、しもんぬ、ゆうたん、斎藤壮馬さん島崎さんとか全員大好きです!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る