無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

573
2020/12/26

第5話




えーっと、みつりんは………


あ!いた!


星宮あなた
みっつり〜ん
甘露寺蜜璃
あなたちゃん?どうしたの?
星宮あなた
ちょっと来て…?
甘露寺蜜璃
う、うん







(みんなから少し離れたところへ)






星宮あなた
あのね、新しい柱の子に話があるって言われたんだけど、なんか嫌な予感がするからバレないようにこっそり着いてきてくれない?
甘露寺蜜璃
わ、わかったわ!
星宮あなた
あ、あと出来ればでいいんだけど、他にも何人か一緒に着いてきてくれる?んー、3,4人ぐらいで来てくれたら嬉しい
甘露寺蜜璃
3,4人でね、わかった
星宮あなた
ありがとう!
星宮あなた
じゃあ行ってくるね














.













甘露寺蜜璃
さあ、呼ぶわよ
甘露寺蜜璃
………無一郎くんと不死川さんにしましょ!
甘露寺蜜璃
無一郎く〜ん!不死川さ〜ん!
ちょっと来てくれるかしら?
時透無一郎
………なに?
不死川実弥
呼んだかァ?
甘露寺蜜璃
あのね、カクカクシカジカで……
時透無一郎
あなたの勘は当たるからね……
不死川実弥
もちろん協力するぜ!
甘露寺蜜璃
ありがとう!
あなたちゃんは向こうへ行ったわ!
時透無一郎
了解
不死川実弥
俺たちも向かうぞ















.















.





NEXT➣




♥3 で更新