無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

No.3
9
2022/05/10 11:54
白
(私は…)

小さい頃の記憶が無い

今でさえ小さいけれど

もっと昔の頃の記憶が無い


たった一つ覚えているのは

黒という 今、捨て地にいる双子がいることだけ

書庫の人から聞いた話では


昔、私達が生まれた頃

この世界が、○によって、壊されそうになったそう

それをおさめるために、


珍し私達双子が、捨て地と、書庫に別れさせられたらしい


色々と矛盾している気がするし

私達のせいじゃないのに、離れ離れにならなければいけないのかがわからなかった


けれど















白
それは 運命なんですよね
主
はい、主でぇぇぇぇぇぇす☆
主
短いのだけど

毎日できる限り投稿するんでぇ☆(