無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10

今日は課題曲の撮影です!





センター誰になるのかな、、





練習生
うおー!!

イ ドンウク代表がモニターに映り、



今からセンター発表さらるらしい。










スンウオッパと手を繋ぐ。










“ ソン ドンピョ ”

“ キム ウソク ”











“ カン あなた ”

候補練習生の中に私の名前があった。
ハン スンウ
わ!あなた!
you
うわぁ、、


でも、候補だから。




選ばれるかなんてわかんない、、





それに私はドンピョオッパが1番、課題曲に合うと思う。


代表
タイトル曲のセンターを発表します。


“ ソン ドンピョ ”


you
うわぁぁぁ!!
you
おめでとおおお!!
練習生
おめでとう!!
ハン スンウ
あなたはやらなくて良かったの、?
you
うん!ドンピョオッパがあの曲に会うよ!ㅋㅋ
ハン スンウ
そっかㅋㅋ

オッパは私の頭を撫でた




























キュンとしたのは、言わないでおこう。