無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4

今日は初収録の日





なんで私が最後に入るの〜ㅠㅠ

緊張しまくりで、足がガクガクㅋㅋ



staff
JYP カン あなた練習生〜
入場してくださ〜い
you
あ、はーい!


-入場する-



you
うわぁ
テレビで見るより大きな会場

そして私以外の100人の練習生

すごい、、

私は最後まで空いていた、下の方の順位の席に座った。

横の人のオーラが凄すぎて、私は顔もしっかりと見ずに下を向きながら座っていた。