無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7
作者
あなたのミニドレスの色は、薄い紫色です。
では、続きをどうぞ‼️
あなた

((好きな色のドレスがあってよかった(*´∀`)-3

吉田
着きました。ご主人様の所へ行きましょう。
あなた

分かったわ。

ロビーにて
あなたちゃん。よく来てくれたね(ニコッ
ようこそ、絹張家へ
あなた

はじめまして。あなたです
これからよろしくお願いします。お父様

よろしく。隣にいるのがあなたの兄になる、ぜんだ。
ぜん
ぜんだ。呼び方は何でもいい。
あなた

よろしくお願いします。お兄様

吉田
では、お部屋へご案内します。
こちらです。
あなた

【ついて行く】

この屋敷、広すぎる。迷いそう…でも、吉田さんが付いているから大丈夫かな。
3Fの奥にに私の部屋があるらしい。
吉田
ここがお嬢様の部屋でございます。
ゆっくりお過ごしください。では、失礼します
あなた

ありがとう

跡取りって大変だろうな…プレッシャーじゃないかな…
そう考えていたら、夕食の時間になっていた。
吉田
お嬢様。お食事の時間です。
あなた

今行く

吉田さんについて行って、ダイニングルームに着いた。そこには、すでに皆揃っていた
あなた

遅れてごめんなさい。

いいんだよ。今来た所だから
ええ。はやく座りなさい。
あなた

はい。お母様

明日から、絹張家の人間だ。気を引き締めて行くように。
あなた

分かりました。お父様

分かったわ。あなた
ぜん
あなたには、常に吉田がいるから大丈夫だ。
あなた

((よかった(*´∀`)-3

では、食べましょ
食事後、部屋で
吉田
お嬢様。お風呂の時間です
露天風呂にしますか、泡風呂にしますか?
あなた

泡風呂で頼むわ

吉田
かしこまりました。お風呂は、奥となっております。
あなた

吉田さん。防音室ってあるかしら?

吉田
ございます。防音室は、2階です。
あなた

お風呂の後に、行きたいの。

吉田
かしこまりました。
お風呂あがり
吉田
では、防音室にご案内します。
あなた

よろしく。

防音室前
吉田
ここです。
あなた

ありがとう。気の済むまで歌うわ。

防音室
あなた

((広すぎる…
すぅ…♪♪

1時間後
あなた

スッキリしたわ。部屋に戻りましょ

吉田
はい。あなた様
部屋
あなた

おやすみ。吉田さん

吉田
おやすみなさいませ。あなた様
作者
次回は、朝のリムジンの中から

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❄️Snow crystal❄️
❄️Snow crystal❄️
【👄🦈】【😈💗】【ももたむ】 ストレス溜まってます、『❄️Snow crystal❄️』です。 ☆Like☆ Fischer'sシルク(皆好きだけどね*ˊᵕˋ*)/Miracle Vell Magic/嵐ニノ/ 歌うことが大好き(*´꒳`*)゚*.・♡ ↑↑ ストレス解消法(でも解消されない) ※亀更新🐢 暇になったら書きます! 読んでくれてありがとう*ˊᵕˋ* せーのっ ( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る