無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

仕事ばかりしていたもので。

こんにちは、社畜です。
今日から始まるブラック会社辞めよう作戦会議はどうなるんでしょう。
笑満も昔ブラック会社で働いてたから、辞める方法を色々知っているのだろうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


時刻は夜の0:30分。


紙とペンを持ちふわふわと浮遊する笑満と目が合う。


笑満
早速なんだけど…はい、色々持ってるでしょ?俺に見せて?
幸掴
ん?色々って?
笑満
え、証拠だよ。8時間以上働いてるとかが分かる証拠
幸掴
え?
笑満
え?


シーン…



部屋が静まり返る。


なんだこの沈黙…


笑満
もしかして…証拠持ってないの…?
幸掴
証拠って…労基署に直接相談しに行けばいいんじゃないのか…?
笑満
えぇぇぇっ!?
笑満
何言ってるのぉぉぉ!?
幸掴
んぇぇぇ違うのぉぉぉ!?


漫画のような驚き方をされてしまった。


笑満の話を聞くと、労働基準監督署、略して労基署。そこでは確かに残業代が支払われない時や有給休暇を使えない時に相談できる場所ではあるが、「違反行為を証明する証拠」や「その会社に対して請求を行った経緯」などが無いと受け入れてくれないケースが多いらしい。


笑満
だからまずは証拠がないと始まらないんだけど…
笑満
この数年何してたの…
幸掴
あはは…仕事ばかりしていたもので…
笑満
はぁ…まぁいいや。これから集めていこう


証拠集めの時に証拠としてよく使われるのがタイムカードだ。
正確に時間が刻まれているから毎日どのくらい働いているかすぐに分かる。


幸掴
そうか…タイムカード…なんで気付かなかったんだ…
笑満
いや普通わかるでしょ〜
笑満
とにかく、明日から必ずタイムカードは写真をとって証拠を残しておいてね
幸掴
わかった…!


明日からはタイムカードの記録を写真に取らなければ…部長にバレないようにしないとな。


笑満
ふぅ〜、色々話してたらもう1時だ。土曜日だけど仕事呼ばれるだろうしもう寝ようか
幸掴
あぁ、じゃあおやすみ
笑満
おやすみ〜



その夜は笑満の癖の金縛りで身体が固まってなかなか寝付けなかった…。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



▽▽


幸掴
はいっ、はいっ…今から行きます
幸掴
失礼します!


ピッ


朝8時半、土曜日なのに当たり前のように仕事の電話が来る。



幸掴
はぁ…
幸掴
俺の土曜日返せやくそぉぉぉっ!!
笑満
流石ブラック〜
幸掴
もう行かねぇと…!


急いで服を着替えて玄関へ走る。


笑満
あっ!幸掴!!社員証忘れてる……よ…
幸掴
やべっ!ありがとう!…ん?どうした?


俺の社員証を見た途端笑満が固まった。


だが今はそれどころじゃない。少しでも遅れれば部長にガミガミ言われるから言われる前に行かないと。


笑満
いっ…いや…なんでもない…
幸掴
そうか…っ!じゃあ行ってくる!タイムカード忘れずに写真撮るからな…!


急いで会社へ向かう__


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


まさか…幸掴があそこで働いていたなんて…。


社員証を見るまで知らなかった。


幸掴が働いてる会社、あそこは__

笑満
あの会社は…
笑満
俺が働いていた会社だ


生きていた頃のことを思い出す__