無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

え!?''ツイステ''知らんの!?
学園長の話も終わり、皆んなで協力して寝る場所の確保をしていた
炭羅 望美
わぁ、、やっと終わったぁ…!
凜党 風香
本当だね、何とか寝れる場所は…
星夜寝 雪
つ疲れたぁ…
雪はその場に崩れ落ちる
グリム
もうヘトヘトなんだゾ…
グリムも疲れている様だ
炭羅 望美
あ!
っと望美が声を出す
凜党 風香
どうしたの?望美ちゃん。
炭羅 望美
そういえば、雪ちゃんの推し聞いてなかったなぁって!
凜党 風香
あ、確かにねぇ〜
星夜寝 雪
ふぇ、推し?
雪はぽかんとした顔で二人を見る
炭羅 望美
有名モデルのツイステの推しとか気になるじゃん?
炭羅 望美
ってことで、どうぞ!!教えてください!
望美は雪に顔をグイグイ近づける
星夜寝 雪
え、えっと…推しって何?
炭羅 望美
へ?
凜党 風香
ん?
星夜寝 雪
あの…それに、二人ともここが何処だかわかるの?
予想外の答えに驚く二人
凜党 風香
あ、あのもしかして…ツイステ知らない?
星夜寝 雪
知らないかな。
炭羅 望美
( ˙-˙ )
凜党 風香
( ˙-˙ )
風香と望美は顔を見合わせた
炭羅 望美
て、てっきり、ツイステ知ってるのかと思った。私達みたいに何か知ってて連れてこられたのだと…
凜党 風香
う、うん…
凜党 風香
まぁ、雪ちゃんのこと知れてよかったな(~_~;)
炭羅 望美
だね、それとさ…雪ちゃんってテレビ出てる時とか、私達と話してる時とかは平気なんだけど…
炭羅 望美
学園長と話してた時、言葉が詰まってたって言うか…上手く話せてなかったって言うか…
望美が不安そうに言う
グリム
確かに雪、普通の奴と比べてなんか変な気がするんだゾ…
星夜寝 雪
へ、変!?
グリム
ふなぁ…
星夜寝 雪
でも、確かにね…私、実はさぁ…




next