無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

サボるな!逃げるな!捕まえろ!!
グリム
一日中掃除してもう、クタクタなんだゾ〜しかもこれから窓拭き掃除100枚だなんて…
凜党 風香
ほぼグリムのせいだよ…w
星夜寝 雪
こ、これで懲りたなら、お、大人しくしててよね…
炭羅 望美
エースくんに会いたいけど、彼、サボってこないんだよなあ
ノゾミの発言にグリムとメグが反応する
星夜寝 雪
こ、来ないの!?
グリム
何だって!?
凜党 風香
うん、来ないよ…だから探しに行かなきゃね
グリム
くそぉ!!エースとっとと捕まえて窓拭き掃除させてやるんだゾ!
私達は大食堂を出て鏡舍の方へ向かう
炭羅 望美
確かエースくんは寮に戻ろうとしてるはず!
星夜寝 雪
あ、あれ…いたよ! 
メグが指さす方向には寮へ戻ろうとしてるエースがいる
グリム
こーらー!!!
エース・トラッポラ
げっ!見つかった!!
炭羅 望美
エースくん…!
グリム
てめー!待つんだゾ!駆け抜けはゆるさねぇんだゾ!!
エース・トラッポラ
待って言われて待つわけないっしょ!お先!!
グリム
1人だけずるいんだゾ!俺様もサボりたいんだゾ!
この様子を少し離れたところで見つめる青髪の生徒
…?
エース・トラッポラ
どいた!どいた!!
え、!?お、おう!?
青髪の子は動揺している
凜党 風香
その人捕まえてください!
星夜寝 雪
はわわわっ(・・;)
人を捕まえる魔法!?縄で拘束する!?それとも…
グリム
何でもいいから、ぶちかますんだゾ!!
炭羅 望美
え!?待って!あの青髪の子!
凜党 風香
はいはい、デュースくんね
炭羅 望美
うん!かっこいい!
デュース・スペード
な、何でも…
デュース・スペード
え、えい!何でもいいから、いでよ!重たいもの!
すると魔法が発動して…
エース・トラッポラ
ぐえええ!?何だこれ!?鍋!!?
グリム
ぎゃはははww見てみろ、お前ら!エースが鍋の下敷きにされてるぞ!
星夜寝 雪
い、痛そ…う…?
凜党 風香
(大胆…)
炭羅 望美
はわわわ…デュースくんの少しドジなところもいい!
デュース・スペード
鍋!?まさかそんなものが出るとは…
エース・トラッポラ
いたたた、いーじゃんかよ窓拭き100枚くらいパパッとやってもらったって
エースくんは鍋の下から出ようとする
炭羅 望美
エースくん、へーき?ほら、立って!
ノゾミがエースの両手を握ってぐいっと引っ張る
エース・トラッポラ
あ////、ありがとうございます、?
炭羅 望美
私に聞かないでよwwどういたしまして、
何かいい雰囲気になってる2人だが、今はそれどころじゃない
グリム
窓拭き100枚何てパパってできるわけないんだゾ!
凜党 風香
学園長命令だよ、エースくん。
デュース・スペード
窓拭き100枚って…一体どんなことをしたんだ、君たちは?
〜事情説明中〜
デュース・スペード
ったく、初日から何やってんだか…
エース・トラッポラ
…るーせーな!ってか誰?お前?
デュース・スペード
僕はデュース・スペード。学園長の命令くらい素直に受けたらどうだ?
エース・トラッポラ
ったく…わかったよ…パパッと終わらせますか!
星夜寝 雪
あ、あれ?グリム…ど、どこ?
凜党 風香
あー逃げたね、''メインストリート''の方に
エース・トラッポラ
あいつ!!俺を身代わりにして!ジュース!お前も手伝えよ!!
デュース・スペード
ジュース!?俺はデュースだ!デュ!
デュース・スペード
それと、
するとデュースはフウカの方を向く
凜党 風香
あ、私フウカ。で、こっちがメグでこのピンク髪の子がノゾミ。
デュース・スペード
そ、そうか…それと、何でメインストリートの方だってわかったんだ?
凜党 風香
ギクッ(-_-;)
炭羅 望美
か、勘だよ!デュースくん!フウカの勘は頼りだよ…ナンチャツテ…
デュース・スペード
そうか!凄いな!
炭羅 望美
(って信じてるー!まぁ、そんな純粋なデュースがいいんだけどね!)