無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

''もう一人''いるんですよ
入学式は、トラブルもありながらも無事終えることができた
ディア・クロウリー
さて、次の仕事は貴方達ですね…
炭羅 望美
はーい
凜党 風香
わ、私達邪魔なんだねw
ディア・クロウリー
では私についてきて下さい。''もう一人''いるんですよ
炭羅 望美
もう一人?
望美は首を傾げる
ディア・クロウリー
ええ、貴方達と同じ世界から来た少女ですよ
凜党 風香
もう一人いたんですね…
炭羅 望美
会うの楽しみだなぁ…どんな子だろう…
二人の少女は学園長について行く
炭羅 望美
ねぇねぇ、そういえばさ、ずっと気になってたんだけど…
炭羅 望美
『凛党』ってあの有名な大富豪の一族?
凜党 風香
そうですよ、凛党家の長女です(^^)
風香はニコッと微笑んだ
炭羅 望美
やっぱりぃ!?私みたいな一般人が、風香ちゃんと居ていいの!?
凜党 風香
あ、えっーと…あまり気にしないでっ!
ディア・クロウリー
二人とも、お話はそこまでにして下さい
ディア・クロウリー
つきましたよ、学園長室。
気づけば、あっという間に学園長室の前。
学園長は部屋のドアを開ける
ディア・クロウリー
入りますよ、雪さん
星夜寝 雪
わっ…
学園長の後に続いて風香と望美も部屋に入る
炭羅 望美
失礼しm…って!!
凜党 風香
え!?
炭羅 望美
えー!?
二人は雪の方を驚いた顔で指差す
炭羅 望美
も、もしかして貴方、星夜寝雪!?
望美が叫ぶと風香もこくこく頷く
グリム
な、なんなんだゾ…こいつ…
凜党 風香
(グ、グリムもいる!)
すると雪が…
星夜寝 雪
えーっと…私のことを知ってるってことは、もしかして…
星夜寝 雪
フ、ファンの方かな…?
next