無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

私達、小エビちゃんはトリップしました!
炭羅 望美
ん…
起きてください、次はあなたの番ですよっ…て!?
女性!?
炭羅 望美
ふぁぁぁ…何?騒がしいなぁ…って、ここ…
何か鳥のようなお面を被った人と、望美が目を合わせる
どうしてここに、女性が…
だんだん周りがざわつき始める
炭羅 望美
え?うん、まさか…そんなわけないよねww
もう一度、寝よっと目を閉じる望美。
ディア・クロウリー
ちょっと!何寝ようとしてるんですか!?とにかく、ここからでてください…
炭羅 望美
え…嘘…現実なん?
望美は自分の頬をつねるが、ただ単に痛いだけ
とにかく、望美は外に出た
ザワザワ
生徒
マジで女だ…
生徒
え…めっちゃ可愛い
周りからは、望美に向けて、『可愛い』の言葉で溢れかえってる
赤髪の男
どう言うことです、学園長?
赤髪の男
なぜ、ここに女性がいるのか説明してください。
炭羅 望美
(わぁ…まさか、この赤髪の子…リドルくん!?)
わぁ…とエースくん寄りのハーツラビュル推しの女が目をキラキラ輝かせる
ディア・クロウリー
私にもわかりません、ローズハートくん。
リドル・ローズハート
はぁ…仕方ない、君!
炭羅 望美
えっと…はい!(私のことでいいんだよね)
リドル・ローズハート
君は、何処から来たんだい?
リドルは真剣な眼差しで望美に聞いた
炭羅 望美
えっとですね…
望美は考えた。此処でゲームの監督性のように『日本です』と答えていれば…
炭羅 望美
(後々、グリムが出て来て、この学園に通える!!)
きゃぁぁぁぁ♡♡と望美は心の中で絶叫
炭羅 望美
日本です!
リドル・ローズハート
日本?
周りの生徒たちがキョトンと『何処だそこ…?』となる中、
炭羅 望美
(夢みたい…!いや、夢であっても覚めて欲しくない!)
望美は人生で一番、幸せな気分を味わっているようだ
ディア・クロウリー
聞いたこと、ありませんね…
ディア・クロウリー
本当に、そんなとこあるんですか?
炭羅 望美
ありますってばぁ〜♪
もう、望美の頭は完全にお花畑だ
ディア・クロウリー
仕方ありません、馬車に連れられて来たんですから、魔法士の素質はあるはずです
ディア・クロウリー
一度、鏡の前に立ってみてください
言われるままに、望美は鏡の前へ
闇の鏡
汝の名は?
炭羅 望美
望美です!
炭羅 望美
(ゲームの本編沿いだと私は此処で、魂の形がないと言われるはず!!)
闇の鏡
望美…汝の魂の形は…
炭羅 望美
ゴクリ…
闇の鏡
闇の鏡
闇の鏡
分からぬ…
!?
炭羅 望美
(やっぱりぃぃ!!)
ディア・クロウリー
何ですって…!?
ザワザワ
周りがまたまた、ざわつき始めた
闇の鏡
この者からは、魔力の波長が一切感じられない…色も形も、一切の無である
炭羅 望美
(うんうん!って…グリムいないじゃん!何処にいんのぉ、、私は、グリム居ないと、入学できない!!)
闇の鏡
よって、どの寮にも相応しくない
鏡の発言で学園長は確信した
ディア・クロウリー
ああ…そんな…何で、黒の馬車が魔法の使えない女性を迎えになんて…
学園長が、真剣に悩んでいる中…望美はまたある作戦を思いつく
炭羅 望美
(これで、闇の鏡に私を戻して貰おうとしても、帰れなかったよね!!)
炭羅 望美
よし!
ディア・クロウリー
では、望美さん。鏡の前で故郷を強く願ってください
炭羅 望美
いえっさぁーです!
何とも言えない返事…
ディア・クロウリー
闇の鏡よ!このものを、元の場所に帰したまえ!
闇の鏡
闇の鏡は反応しない
しばらく沈黙が続くと…
闇の鏡
ない…
ディア・クロウリー
え?
闇の鏡
この者の居場所は何処にもない…
ディア・クロウリー
まさか!?そんな!!
ザワザワ
レオナ・キングスカラー
ついに、この鏡もぶっ壊れたんじゃねぇのか?
炭羅 望美
(あ''あ''あ''レオナおじたん!!)
実物はもっと色気やばいなぁ…とまた目を光らせる望美。
ディア・クロウリー
はぁ…本当に今日は運の悪い日です…
ディア・クロウリー
とにかく、望美さんは私の隣で大人しく待っててください。
ディア・クロウリー
入学式が終わるまで、
ディア・クロウリー
わかりました?
炭羅 望美
承知しました〜!
望美は満面の笑みで返事をした
ディア・クロウリー
では、次のh…
学園長が何か言おうとした時だった…



ドカンッ!!!!
炭羅 望美
何!?
物凄い物音がして、その場にいる人全員が視線をそちらにやった
凜党 風香
おらぁぁぁぁぁ…って!あれ、此処何処?
凜党 風香
ハッ…此処はもしや…
知らないロングヘアーの''めちゃくちゃ''可愛い女の子が棺桶の蓋を蹴っ飛ばして、出てきた
その''女の子''風香は当たりを見渡し、自分の服を見る
凜党 風香
ぁぁぁ!やっぱり!此処って…
凜党 風香
ツイステッドワンダーランド!?
風香は、キラキラした目で当たりをもう一度見渡した
炭羅 望美
(この子もツイステ知ってるのかな!?ってか、めちゃくちゃ可愛いぃぃぃ!)
ザワザワ
風香の派手派手な登場で
生徒も現実を受け止めきれない
『また女の子?』 『また、間違って連れてきたん?』
など、疑問に思う生徒が多数
ディア・クロウリー
そんな…まさか!!
ディア・クロウリー
二人も手違いで連れてきてしまうなんて!!
生徒と学園長、寮長組など全員が大混乱
そんな中、ガールズ二人組は
炭羅 望美
ねぇ、ねぇ、きみ君、
凜党 風香
あれ?あなたも女の子?
炭羅 望美
そうですよ(*´꒳`*)
炭羅 望美
それより貴方、お名前は?それに、ツイステ知ってるよね?
凜党 風香
わぁ!貴方も知ってるんですね!私は、風香です!よろしくねぇ!
炭羅 望美
ウェイ!同じ、小エビちゃん仲間!!
凜党 風香
いぇーい!
本当に余裕な二人はパチンッと笑顔でハイタッチ
炭羅 望美
ちなみに、推し誰?
望美はニヤニヤして聞く
凜党 風香
ふふ、カリムくんです…
炭羅 望美
おお!いいですねぇ、、
炭羅 望美
私の推しは、トラッポラです…
凜党 風香
ふふっ、いいよねぇ!かっこいいよね!
炭羅 望美
でしょ、でしょ!
キャハハ、ウフフと二人で推し事をした
しばらくして、その後、風香も魔法が使えず、
望美と同じ日本から来たと言うことで、帰る場所もなく、
入学式が終わるまで、大人しく待つことにした








next