無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

走れぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ☆☆☆☆
グリム
ふぎやぁぁ…!!でで、出た…!!
エース・トラッポラ
バカ、落ち着けって!
凜党 風香
ゴーストッ…
するとエースくんはノゾミの手を握ってないもう片方の手でマジカルペンを取り出す
エース・トラッポラ
ノゾミ…!後ろに下がってて…
炭羅 望美
うん!(かっこいい!本来なら私が守ってあげたいのに!エースくん、年下だし!)
同じくデュースもマジカルペンを取り出す
デュース・スペード
くそっ…ゴーストに構ってる暇なんてないのに…!!
星夜寝 雪
(りょ、寮にいたのとは…ち、違うゴースト…)
デュース・スペード
走ってゴーストを撒くぞ!僕についてこい!
デュースの合図で全員が一斉に逃げる
グリム
まだおってくるんだゾ!?
ゴーストA
ゆっくりしていきなって〜
走って走って走りまくる、
炭羅 望美
(エースくん…足速いんだな…)
その足の速いエースとデュースについていけるほど、3人の少女は運動神経がいい
しばらく走れば
グリム
はぁ…もう、追ってこないみたいなんだゾ…
エース・トラッポラ
はぁ…はぁ…ってかお前ら…
デュース・スペード
はぁ…全然息切れしてないな…疲れてないのか?
2人の視線は3人の少女
炭羅 望美
全然!余裕だよ!
凜党 風香
私も平気かな、まだ走る??ww
星夜寝 雪
うん、でも…み、皆んな疲れてるみたい…
グリム
子分3人がバケモノなだけなんだぞ…
デュース・スペード
それより、時間がない…先に進むぞ
ガシャン!!
星夜寝 雪
ふぇっ…
グリム
ふぎゃっ…今何か物音がしたんだゾ!
デュース・スペード
で、でもゴーストは撒いたはずだぞ?
エース・トラッポラ
しっ…向こうになんかいる…!
相当焦ってるのか、エースくんは強くノゾミの手を握った
炭羅 望美
(エースくん…やっぱいい子やん…もっと惚れ直すわ…)