無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

散々ドワープ鉱山!!
ドワープ鉱山 内部
エース・トラッポラ
うへっ…此処にもゴーストうろちょろしてんのかよ…
凜党 風香
いちいち構ってたら、キリがないよ!
デュース・スペード
その通りだ!急ぐぞ!
デュースが言った
エース・トラッポラ
偉そうな命令しないで欲しいんだけど、ってかお前があんな真似しなきゃ良かった話じゃん
デュース・スペード
元はと言ったら、最初にお前が掃除をサボったのが原因だろ
エース・トラッポラ
それ言ったら、最初にハートの女王の石像を焦がしたのはこの毛玉だぜ!?
グリム
ふなっ!お前がオレ様をバカにしたから…
凜党 風香
はーい!皆さん喧嘩はやめてね?今の状況わかってんの?(^^)
風香の目は笑ってない
星夜寝 雪
(フウカちゃん…ガチおこモードだ…)
凜党 風香
(だから…この三馬鹿は…)
凜党 風香
朝までに魔法石を取ってこなければ、貴方達退学ですよ?
フウカちゃんには誰にも逆らえない
うぇ…な…ふ….おぉ….
星夜寝 雪
あ、あれ…?い、今、何か人の声が….
炭羅 望美
ッ!?(まさか…あの怪物!?)
エーデュース
!!
エース・トラッポラ
こ、この声は…?
うぉ…い…か…ああ…
デュース・スペード
なんか…だんだん近づいて…
イジハ…オデノモノダァァァァァ!!!
炭羅 望美
っ…この怪物…確か、魔法石目的の…!
グリム
で、出たぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
エーデュース
うわぁぁぁぁぁ!
星夜寝 雪
な、何!?あれ、
グリム
ぶなななな!!
エース・トラッポラ
で、でもあいつ、石がどうとか言ってなかった!?
炭羅 望美
エースくんの言う通り、あの怪物の目的は石…魔法石はだよ!
イジ…イシハ…ワタサヌ!!!
怪物の声が鉱山の中にこだまする
デュース・スペード
や、やっぱり!此処に魔法石はあるんだ!ノゾミ達は詳しいな!
炭羅 望美
え、あ、まぁ…(ゲームでやってるからね…)
グリム
いくらオレ様が天才でも勝てっこねーんだゾ!
凜党 風香
グリム、落ち着いて!
風香はグリムに言った
デュース・スペード
だが…魔法石を持ち帰らなければ退学…僕はいく!
エース・トラッポラ
冗談でしょ!?
エースがノゾミを握っている手も手汗でいっぱいだ
星夜寝 雪
そ、そうだよ…!い、いくらなんでも、それ以前に命が危ない…
星夜寝 雪
1人じゃ、…
凜党 風香
いや、大丈夫だよ、メグちゃん…
炭羅 望美
うん!皆んなで戦えば勝てるって保証あるよ!
エース・トラッポラ
え!?だってそんなん誰にも…
炭羅 望美
私達、わかるもん!ね?フウカちゃん!
凜党 風香
うん!
星夜寝 雪
(…そっか!)
星夜寝 雪
そうだね!私は信じる!
エース・トラッポラ
はぁ!?
グリム
むりなんだゾ!
グリムはガタガタ震えて毛が逆立ってる
炭羅 望美
大丈夫、私達を信じて…
エース・トラッポラ
デュース・スペード
俺は!絶対に退学させられるわけにはいかないんだ!
顔のない怪物
カエレ…カエレ!
すると怪物はデュースくんを攻撃する
炭羅 望美
デュースくん!
ノゾミはエースの手を離して、倒れたデュースに駆け寄る
エース・トラッポラ
チッ…ノーコン真面目くんとノゾミは下がってな!俺が仕留める!
炭羅 望美
エースくん…!(デュースくんといい、エースくんといい、ハーツラビュルはいい子ばかりすぎる!)
でも、エースが風の魔法を発言しても、グリムが炎を出しても全く効かない
グリム
ぜ、全然効かねーんだゾ!?
星夜寝 雪
フ、フウカちゃん…
凜党 風香
っ…
エース・トラッポラ
あいつの後ろ…坑道の奥で何か光って!
星夜寝 雪
あ、あれは…
デュース・スペード
魔法石だ!
顔のない怪物
オオオオオオオ!!ワタサンゾ!!
グリム
お、おい、フウカ!ひとまず逃げるんだ!じゃないと全員やられちまう!
凜党 風香
で、でも…!
星夜寝 雪
フウカちゃんダメ!今はひとまず逃げないと!
メグの意見に同意し、全員は走って洞窟を抜け出した