無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

入学許可おりたぁ!推しに会い放題だよ!
鏡の間
ディア・クロウリー
へ?本当に魔法石を探しにドワープ鉱山に行ったんですか?
全員
へ?
ディア・クロウリー
いやぁ…まさか本当に行ってくるなんて。しかも魔法石を持って帰ってくるなんて…
凜党 風香
やっぱ、冗談で言ってたんですね。
ディア・クロウリー
粛々と退学手続きを進めてましたよ
グリム
ふなっ!なんて奴なんだゾ!
グリムは少し怒り気味
炭羅 望美
でも、私達、皆んなで頑張って怪物と戦って、魔法石も取り戻したんですから、退学は無かったことに…で、いいですよね?
ディア・クロウリー
怪物?
エース・トラッポラ
モンスターが出てきたんッスよ!
エース・トラッポラ
ほんと、めっちゃ強いわえぐいわで大変だったんですけど!?
エースも少し…というか怒り気味
ディア・クロウリー
ふむ…詳しく話を聞かせてもらえますか…?
ということで、
〜事情説明中〜
ディア・クロウリー
ほほう…炭鉱に住み着いた謎のモンスター…
ディア・クロウリー
それを6人で倒し、魔法石を手に入れて学園に戻ってきたと…
星夜寝 雪
(本当に大変だった…)
エース・トラッポラ
え、協力っつうか…
デュース・スペード
たまたま目的が一致したというか…
ディア・クロウリー
うう…おお…!!
すると学園長が涙目になる
グリム
なんだコイツ…いい大人が急に泣き出したんだゾ…
凜党 風香
だねw
ディア・クロウリー
私が学園長を務めて、早ン10年…
ディア・クロウリー
ナイトレイブンカレッジ生徒同士が手と手を取り合って敵と戦い魔法石を勝ち取るなんて…
ディア・クロウリー
私は今猛烈に感動しています!!
ディア・クロウリー
今回の件で確信しました!
星夜寝 雪
へ?
ディア・クロウリー
貴方達3人には間違いなく魔獣つかいの才能がある
炭羅 望美
え、じゃあ!!
ディア・クロウリー
プライドが高いため、自己中心的な生徒がこの学園には多いんです!
グリム
ほとんどいいこと言ってねーんだゾ
ディア・クロウリー
貴方達3人は魔法が使えないからこそ、協力し合おうとする才能がある
星夜寝 雪
(うーん…褒められてる気がしない…)
ディア・クロウリー
トラッポラくん!スペードくん!貴方達2人の退学を免除するとともに…
ディア・クロウリー
グリムくん、メグくん、ノゾミくん、フウカくん…貴方達3人の入学も許可します!
炭羅 望美
きゃぁぁぁぁぁぁあ!♡
凜党 風香
学園長太っ腹!
炭羅 望美
これで推しに会い放題だね!フウカちゃん!
凜党 風香
うん!!
イェーイ!とハイタッチをする2人、
星夜寝 雪
(はぁ…いっそのことなら退学の方が…)
グリム
お、オレ様もついに、この学園に…!!
グリムは嬉しさのあまりか泣き出したんだ
するとグリムの首輪に魔法石がつけられる
グリム
わぁ!すげーんだぞ!
炭羅 望美
えーいいなぁ…私も、推しと同じ色のマジカルペン持ってたかったなぁ
凜党 風香
仕方ないですよ、私たちは魔法が使えないんだし
ディア・クロウリー
特別カスタムですよ
エース・トラッポラ
あは!すげーじゃん!お前ら、!
デュース・スペード
なるほど…
エース・トラッポラ
いいね!クールじゃん!魔法が使えない監督生!
炭羅 望美
(いや…貴方達2人の方がクールですよ!?かっこいい…)
炭羅 望美
ありがとう!エースくん!
エース・トラッポラ
んだよ////まぁ、頑張れよ、ノゾミ!
炭羅 望美
ふふっ…
ディア・クロウリー
では今日はもう遅いですし、それぞれの寮に帰ってください。では。また明日