無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

推しは健康じゃなきゃ駄目!いいね!?
炭羅 望美
ってことで、エースくんがベットで寝てください…!
エース・トラッポラ
いや、何で泊まりにきた俺がベットで、ノゾミがソファになっちゃうんだよ!!
炭羅 望美
ダメ!推しにはぐっすり寝てもらって、健康でいて欲しいの!!
エース・トラッポラ
この首輪ついてちゃ、どっちも寝ずらいっつーの!
ノゾミはエースの言うことを聞く気もないし、エースもノゾミの言うことを聞く気はない
炭羅 望美
もう!強制送還だからね!
ノゾミはエースの腕を引っ張り、ベットに寝させようとしてくる
エース・トラッポラ
やめろって、俺はソファがいいの!!推しからの命令!!!
炭羅 望美
エース・トラッポラ
(あ…大人しくなった、これ言えばいいだけだったかも…)
炭羅 望美
じゃあ、こうしよう!
ノゾミはエースをポンと押してベットに倒れさせる
エース・トラッポラ
だから、俺はベットじゃなくて…
炭羅 望美
2人でベットで寝るの!
エース・トラッポラ
はぁ////!?
炭羅 望美
推しと一緒に寝れる日が来るなんて…!
エース・トラッポラ
いや!それは駄目に決まってんだろ//!男と女が一つ屋根の下!しかも同じベットで寝るとか…
炭羅 望美
駄目なの?私普通にお父さんとかお兄ちゃんとかと寝たことあるけど???
エース・トラッポラ
(天然かよ…////)
エース・トラッポラ
でも、とにかくそれは駄目だから!そんなに言うならさ、ベットで寝るから!
炭羅 望美
わーい!じゃあ、おやすみなさーい!

そう言って部屋の明かりを消す







 




















































エース・トラッポラ
(こっちの気持ちも考えろよ…///寝れねーじゃん…///)
こうして長い長い1日は幕を閉じたのである