無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

目が笑ってないよ…フウカちゃん?
グリム
はぁ…はぁ…ここまで来ればもう大丈夫か?
エース・トラッポラ
いってぇ…さっきの何だったんだよ…!こんなのいるって聞いてねぇ…
炭羅 望美
エースくん…血が出てる…
エースの腕にはかすり傷があって血が出ていた
エース・トラッポラ
こ、こんなんヘーキ…
炭羅 望美
無理しないでね、
デュース・スペード
ただのゴーストじゃなかったな…あれは…
エース・トラッポラ
もう、あんなんと戦うなら、退学でいいだろ、別に…
デュース・スペード
な!?ざっけんな…退学になるなら死んだ方がマシだ…
デュース・スペード
魔法石が目の前にあるのに、諦めて帰れるかよ!
エース・トラッポラ
はっ…俺よりも魔法が下手なくせに…行くなら勝手に行けよ…
デュース・スペード
んだと!?お前!諦めんのか!
炭羅 望美
ちょ…落ち着いて…
グリム
なぁ…デュース…さっきからキャラ変わってる気がするんだゾ…
グリムがオドオドと言う
デュース・スペード
ハッ…すまない、取り乱した
グリム
お前ら、もっとすげー魔法使えねーのか?
デュース・スペード
強力な魔法には訓練が必要なんだ…
エース・トラッポラ
だから、魔法学校があるんだけどね
エース・トラッポラ
ぶっちゃけ、テンパってるとミスりやすい…
デュース・スペード
でも、俺は何とかして魔法石を持ち帰る!
デュースは真剣な眼差しだった
エース・トラッポラ
だーかーらー、あんなの倒せないって!お前、相当バカだな
エースはさっきからデュースを煽りまくりっぱなし
炭羅 望美
まぁ…最悪の場合、私とフウカちゃんとメグちゃんとグリム居れば勝てるけどね
デュース・スペード
え!?
エース・トラッポラ
はぁ!?
凜党 風香
うん、勝てるよ…ってかわかるから
星夜寝 雪
わ、私も…わかるって言うか、ふ、2人みたいにはわからないけど…これはグリムと寮でゴースト倒した時みたいに…
星夜寝 雪
協力し合わなきゃダメだよ…(*´꒳`*)
メグは優しく微笑んだ
凜党 風香
そう、きっとこの世界は…(完璧にストーリー通りに進んでる…だから)
凜党 風香
(過去も未来もこの先も、変える事はできないんじゃないかって…)
デュース・スペード
ぐっ…しかし、どうしろって…
エース・トラッポラ
皆んなで協力とか…だっせー
デュース・スペード
それは俺も同感だ。こいつと協力できるわけない
ドンッッッ!!!
凜党 風香
あーもういい!
エース・トラッポラ
え…何…?
グリム
ふぎゃっ…
フウカは隣にあった木を拳で叩き倒した
ニコッと微笑むが、やっぱり目が笑ってない
凜党 風香
ねぇ…今の見たよねぇ…?私が木を倒すの
エース・トラッポラ
えっと…はい…
デュース・スペード
み、見ました…
凜党 風香
ふふっ、じゃあもうわかるよね?私、これ本気じゃないから。まだ、序の口。
エース・トラッポラ
序の口って…
炭羅 望美
(ふ、フウカちゃん…)
凜党 風香
私さぁ、格闘技取得してんだよねぇ…いっそのことなら…あの怪物もワンパンだろうね?
エース・トラッポラ
え…でも…
デュース・スペード
あ…
凜党 風香
まだ信じられない?じゃあ、貴方達2人で試してみる?(^^)
エース・トラッポラ
あ…すいません…もう喧嘩しません
デュース・スペード
お、俺も…すみません…
凜党 風香
よろしい(^^)
最後の笑みは圧をかけるような…まぁ、とても怖かった
エース・トラッポラ
しゃーね…で、もちろんあるんだよね?作戦!
炭羅 望美
うん!最高の策があるんだ!