無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

グリムが居なきゃツイステは成り立たんで!
星夜寝 雪
フ、ファンの方かな?
雪が首を傾げると…
炭羅 望美
そ、そうですッ!!!大ファンですぅ!!
凜党 風香
私も!!握手してください!
望美と風香はきゃー!!と声を上げる
炭羅 望美
実物はもっと迫力あるわ!
凜党 風香
だよね!!
星夜寝 雪
あ、ありがとう( ˊᵕˋ )
雪はニコッと微笑んだ
きゃー!!可愛い!とまたもや声が
グリム
なんなんだゾ…こいつら…
グリムは何かを引く目で見ている
ディア・クロウリー
ゴホンッ…皆さん、貴方達の世界でも色々とあるのでしょうが、今は私の話を聞いてください
炭羅 望美
はーい、学園長〜!
凜党 風香
わかりました。
星夜寝 雪
え、は、はい…
3人はそれぞれの響きで挨拶をした
ディア・クロウリー
では、貴方達が今から元の世界に帰るまでに住む場所を提供します
炭羅 望美
よし!この調子で、推しに…!
ディア・クロウリー
推し?
凜党 風香
いえいえ〜何でもありませんよ、こちらの事情です(*´꒳`*)
星夜寝 雪
…?
風香がそう言うと、学園長は再び話を始めた
ディア・クロウリー
もちろん、''ダダ''と言うわけにはいきません。
炭羅 望美
推しに会うためなら、なんでもやりますよ!!
ディア・クロウリー
それは、話が早いですね。他のお二人もよろしいですよね?
凜党 風香
私は全然…
星夜寝 雪
わ、私も…帰る方法見つけてくれるなら…
風香も雪も賛成した
するとグリムが
グリム
俺様は、大魔法士になるんだゾ!この学園に入るんだ!!
ディア・クロウリー
貴方は駄目です。今すぐにこの学園から出てってもらいます
グリム
ふなっ!!
グリム
俺様を追い出すなんて!!
すると学園長はまたあのムチでグリムを叩く
グリム
痛ぇんだゾ!!
そんなグリムが可哀想に見えたのか、雪は…
星夜寝 雪
あ、あの…学園長さん!!
ディア・クロウリー
何ですか?
星夜寝 雪
グ、グリムも、私達が元の世界に帰るまで、一緒にいてもいいですか!?
ディア・クロウリー
ふむ…貴方達がちゃんとグリムくんの世話をすれば問題はないですが…
星夜寝 雪
そ、そうですか…!
星夜寝 雪
よかったねぇ…グリム!
雪はグリムを抱き上げる
グリム
俺様は世話なんてされなくても平気なんだゾ!!
ディア・クロウリー
でも、今日みたいな騒ぎはごめんですよ
学園長はグリムも一緒にいていいと許可を出した
炭羅 望美
わぁ!!雪ちゃんナイス!
星夜寝 雪
えっ?
凜党 風香
グリムいなきゃ成り立たないもんね!ツイステは!
星夜寝 雪
??
なんだかんだありながらも、3人の少女と一匹は学園長に案内された場所に向かった







next