無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

怪物に勝ったよ!勝利宣言!
グリム
なぁ…ノゾミ…本当にその作戦上手く行くのかよ…こわ…いや…不安なんだゾ…
炭羅 望美
大丈夫だって!命の保証はしてあげる!それに私が一眼見て好きになった推し達だもん!平気だよ!
エース・トラッポラ
好きになった推し?
凜党 風香
ううん、気にしないでエースくん。こっちの事情。
デュース・スペード
ああ!行こう!
そしてドワープ鉱山の入り口まで向かう。そして…
グリム
やーい!バケモノ!こっちなんだゾ!!
グリムが叫ぶと怪物は反応する
顔のない怪物
グォぉぉぉぉ!!カエレ!!!
グリム
ぎゃっ!きたバケモノ!
凜党 風香
よし!
凜党 風香
こっちだよ〜!怪物さん!
すると、怪物は洞窟の方から離れてノゾミの方に行く
顔のない怪物
デデイケ!デデイケ!
凜党 風香
よし、洞窟から引き離せた!
エース・トラッポラ
よし!
するとエースが風の魔法を発動し、グリムが炎を発動する
星夜寝 雪
か、怪物が弱ってる今がチャンス…だよ…!
デュース・スペード
よし!!出よ!大釜!!
ドカン!!
顔のない怪物
グォぉぉぉぉ!
怪物はデュースの発動した大釜によって押し潰される
炭羅 望美
よし!!いまだ!鉱山突入!
走って鉱山の中に入り、魔法石を取りに行った
途中怪物が追ってきて大変だったけれども
エース・トラッポラ
やったー!俺たちの勝ち!
グリム
ざまぁみろなんだゾ!
炭羅 望美
ふふ、もう皆んな、すっかり仲良しだね(^^)
デュース・スペード
ち、ち、違う!これは…
エース・トラッポラ
そーそー別に!変なこと言うなよ!
エース・トラッポラ
…って、言ってんのもださいか…ノゾミの作戦勝ちだよ
デュース・スペード
ああ、お前達3人が落ち着いて指示を出してくれたおかげだ
凜党 風香
まぁ、皆んな無事でよかったよ!
エース・トラッポラ
はいはい、じゃあもう、かえろーぜ!
グリム
腹減ったゾ…
そしてグリムが知らず知らずの間にあの石を食べてたなんて知らずに…
学園に戻ることになった