無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

魔法なんて簡単に防げるよ!
作者
作者
こんにちは作者です!
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
あなただよ
グリム
グリム
グリムなんだゾー!
エース
エース
エースだぜ!
デュース
デュース
デュースだ!
(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)
お昼になり…
時間がたつのが早いのは気のせいだよ☆
エース
エース
お腹すいたぁー
デュース
デュース
あなたも一緒に屋上でお昼食べようぜ!
グリム
グリム
俺様もだァー
エース
エース
おぅ!いいぜ!
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
じゃあ屋上行こう
屋上へ…c(`・ω´・ c)っ≡つ ババババ
グリム
グリム
それにしてもお前すごいんだゾー!
エース
エース
習ってないとこも余裕で言っちゃうし
デュース
デュース
ホントすごいよな!
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
(*´∀`*)
話してる中…
アズール
アズール
あの人気になります
ジェイド
ジェイド
分かります
ジェイド
ジェイド
初日からユニーク魔法を使ってあのたぬきを捕まえて
アズール
アズール
今日教室を覗いたら習ってないところでもすぐ答えてましたからね
アズール
アズール
ジェイド、あなたの得意の魔法であの人があんなにできる理由を突き止めてくれませんか?
アズール
アズール
条件しだいではあの人の弱みを見つけ出して契約させましょう
ジェイド
ジェイド
はい、かしこまりました
一方あなたは…
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
(あ〜なるほどねアズールとジェイドが僕のこと狙ってるのね)
キーンコーンカーンコーン
エース
エース
やべそろそろ午後の授業始まるぞ
デュース
デュース
早く行かないと!
グリム
グリム
急ぐんだゾー!
そして午後の授業も終わり帰り…
デュース
デュース
じゃあ俺たちの寮ここだからまたな!
エース
エース
またあした〜
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
バイバーイ
グリム
グリム
バイバイなんだゾー!
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
グリム僕寄るとこあるから先いってて
グリム
グリム
わかったんだゾー
みんな帰る┗(^o^ )┓三
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
(さてさて…そろそろジェイドが来る頃かな?)
ジェイド
ジェイド
すみませんそこの方
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
(ほら来た)
ジェイド
ジェイド
あなたさん…でしたっけ?
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
はい、そうですけど
ジェイド
ジェイド
突然ですがなぜあなたはあんなに魔法の実力があるのですか?
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
へ?
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
なに急に
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
怖っ
ジェイド
ジェイド
そんなに怖がらないであなたのことが知りたいんです
ジェイド
ジェイド
かじりとる歯ショック・ザ・ハート
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
マジック・シールド
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
僕がこんなに魔法を使えるのは…
ジェイド
ジェイド
はい、
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
秘密!
ジェイド
ジェイド
…!!
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
知ってるよジェイドさんのユニーク魔法!
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
かじりとる歯ショック・ザ・ハート
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
1度だけ相手に真実を喋らせるんだよね
ジェイド
ジェイド
なんで知ってるんですか
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
なんでだろうね〜
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
まぁ一応防衛魔法で防いどいたけど
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
では!また今度!
ジェイド
ジェイド
モストロラウンジにて…
ジェイド
ジェイド
完敗です
アズール
アズール
まさかジェイドが負けるなんて
ジェイド
ジェイド
何故かは知りませんが僕のユニーク魔法を知られてました
アズール
アズール
うーんますます契約したくなりますねぇー
アズール
アズール
何としても弱みを握りましょう
(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)
作者
作者
今回はここまで!
グリム
グリム
面白かったら嬉しいんだゾ!
デュース
デュース
良かったら♡☆よろしくな!
作者
作者
それじゃあ
エース
エース
バイバーイ