無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

278
2021/09/18

第5話

日常 4❤💙(後編)
KAITO
KAITO
お泊まり会って言っても、何するの?
サムライ翔
サムライ翔
うーん、、そうだなぁ。
恋バナとか?!
KAITO
KAITO
翔くん…恋バナしたことある…?
本人と恋バナして何が楽しいの…?w
サムライ翔
サムライ翔
ん、あるけど…w
KAITO
KAITO
あ、そ、そうなんだ…
どんな恋バナしてたんだろうw
サムライ翔
サムライ翔
じゃあ…お互いを好きになったきっかけ!
KAITO
KAITO
僕が翔くんを好きになったきっかけ?
サムライ翔
サムライ翔
うん!(*´ ꒳ `*)
まぁ、理由でもいいよ!
KAITO
KAITO
うーん…だいぶ前から好きだからなぁ……
サムライ翔
サムライ翔
僕が好きになった理由はね!
KAITOくんがカッコイイからだよ!!
KAITO
KAITO
へ…?カッコイイ…?
サムライ翔
サムライ翔
うん!
KAITOくん、すっごくカッコイイじゃん//だから、なんか好きになっちゃったんだよね…///
え、抱きしめたい。
誰か抱きしめる許可をください。
あ、すみません、許可貰えなくても抱きしめます。
(っ´>ω<))ω<`)♥
サムライ翔
サムライ翔
!?!?
KAITO
KAITO
あのさ……翔くん…僕が翔くんを好きな理由は…
サムライ翔
サムライ翔
うんっ
KAITO
KAITO
翔くんが可愛いからだよ…
サムライ翔
サムライ翔
僕が…可愛い…?
なんでそんな、信じられない、みたいな顔するの?
サムライ翔
サムライ翔
あ、え、えっと!//
僕、お、お風呂、入ってくる///
なんでそんな照れてんの…
KAITO
KAITO
僕も入る
サムライ翔
サムライ翔
えっ!?//
あ、そっか、そうだよね、KAITOくん先入る?
KAITO
KAITO
…一緒に入る。
いや、みなさん、誤解しないでくださいね?
僕は別に、翔くんをそんないやらしい目で見てる訳じゃないですから?!
サムライ翔
サムライ翔
…え……
KAITO
KAITO
…良い、よね…?
サムライ翔
サムライ翔
…う、うん……///
はぁ…可愛い、無理。
KAITO
KAITO
じゃ、お風呂行こ♪
サムライ翔
サムライ翔
(うう…すごくドキドキする……意識しちゃってるのって僕だけ…?
KAITOくんは、どんな気持ちで『一緒に入る』なんて言ったんだろう……)
翔くんを連れてお風呂へ行く。
KAITO
KAITO
じゃ、お先に失礼しまーす♪
ちゃんと腰にタオル巻いてるからね?!
KAITO
KAITO
はぁぁ〜…やっぱ、お風呂は落ち着くなぁ〜…
湯船に浸かり、幸せな気持ちに包まれる。
サムライ翔
サムライ翔
ちょっと〜、人のお風呂で何くつろいでるの〜?
翔くんも後から入ってくる。
翔くん肌めっちゃ綺麗……!
あ、ごめんなさい、翔くんの事いやらしい目で見てました。
う…なんか恥ずかしくて顔が熱くなる…!!
サムライ翔
サムライ翔
KAITOくん?顔赤いよ?
のぼせちゃった?
もう上がって洗ったら?それか外で涼んどく?
KAITO
KAITO
えっ、いや、大丈夫だよ
サムライ翔
サムライ翔
そう?無理しちゃダメだよ?w
ふと、指に何かが触れる。
指だ。翔くんの、長くて細い綺麗な指。
ビックリした瞬間、手を繋がれる。
KAITO
KAITO
え、
サムライ翔
サムライ翔
か、KAITOくん、ごめん…でも……
これでも色々、抑えてる方だから…手繋ぐくらいは、させて…
はっ?何それ、可愛すぎない?
てか!お風呂の中で手繋ぐって!!
どゆこと?!
KAITO
KAITO
うん…ずっと繋いどこ?
お風呂から上がってリビングへ行くと、翔くんがアイスをくれた。
KAITO
KAITO
あっ、ありがとう
サムライ翔
サムライ翔
ふふ、お風呂上がりはアイスだよね〜♪
首にタオルを掛けてる姿も可愛すぎる……
KAITO
KAITO
美味しっ
アイス、冷たくて美味しい〜♡
サムライ翔
サムライ翔
ふわぁ〜…眠くなっちゃったぁ〜
KAITO
KAITO
そうだね。
じゃあ、もう寝よっか?
サムライ翔
サムライ翔
えっ、と……
翔くんが目を泳がせる。
KAITO
KAITO
どうしたの?
サムライ翔
サムライ翔
……ベッド、1つしか無くて…//
(ほんとは一緒に寝たいから、だなんて言えない…)
KAITO
KAITO
そっか、じゃあ僕、床で寝るから大丈夫だよ
無いなら仕方ない。
家に呼んでもらっている身だし。
サムライ翔
サムライ翔
えっ、あ、違う、、の……//
何が違うんだろう?
KAITO
KAITO
サムライ翔
サムライ翔
……一緒に、寝たい、の…///
KAITO
KAITO
( ^∀^   )((彼は必死に理性を保っています。
わ、分かった
何!この可愛さ!!
一緒に寝たい"の"だよ!?
可愛すぎない?!ねぇみんな!!
いや、可愛いと思っても絶対あげないよ?
僕の翔くんだからね!!!(早口)
サムライ翔
サムライ翔
じゃ、ベッド行こ…
言い方やめよ??
別にそういう如何わしいことするわけじゃないですから!!
勘違いしないでくださいね?!
KAITO
KAITO
う、うん…
先にベッドに入らせてもらって、奥まで行って壁にピッタリと張り付く。
うわああ、誰かと一緒にベッド入るとか、初めてなんですけど…!!
しかも好きな人ととか…!!
ああ、氏にそう!!!
サムライ翔
サムライ翔
ね、ねぇ翔くん…
KAITO
KAITO
どうしたの?
サムライ翔
サムライ翔
好きだよ
ボーッとしていた頭に、いきなりその言葉が入ってくる。
KAITO
KAITO
…え?
サムライ翔
サムライ翔
だから!好きだよ、って
※KAITOくんは、壁に頭をくっ付けて、翔くんに背を向ける体勢をしています。
後ろから翔くんが手を回してくる。
KAITO
KAITO
もう…なんでそんないちいち可愛いことするの…?ダメだよ…?他の奴にそんなのしたら……
サムライ翔
サムライ翔
KAITOくんにしかやらないよ
背中にトンっと翔くんの頭が当たる。
くるっと体を回転し、翔くんに向き直る。
サムライ翔
サムライ翔
!?
翔くんが驚いている間に、僕は翔くんの唇を奪った。
唇を離すと、翔くんは潤んだ悲しそうな目で見つめてくる。
KAITO
KAITO
ど、どうしたの?
自分から仕掛けたのに、動揺してしまっている。
サムライ翔
サムライ翔
今、キスして、もう、普通の友達じゃ居られないんだなって…
確かに、友達同士では、マジのキスはしないかもしれない。
おふざけではするかもしれないが。
KAITO
KAITO
ごめん……
サムライ翔
サムライ翔
ち、違うんだよ!
僕、ほんとにKAITOくんが好きで、KAITOくんにだったらなんだってあげれる。捧げられる。って思ってるよ!
あげれる、ということは…
KAITO
KAITO
さっきのファーストキスだったの?!
サムライ翔
サムライ翔
う、うん…//
サラッと翔くんのファーストキスを貰ってしまった…
サムライ翔
サムライ翔
そ、それでさ、その〜…
KAITO
KAITO
サムライ翔
サムライ翔
はじめてだって、貰ってくれていいんだよ…/////
KAITO
KAITO
!?!?
は、はじめて…って、アレだよね?
僕なんかが貰ってしまって良いのだろうか…
KAITO
KAITO
…まぁ。いつか。
サムライ翔
サムライ翔
そうだね。
じゃ、おやすみ。
KAITO
KAITO
うん。おやすみ。
その言葉の後、相当眠かったのか、意識が薄くなっていった。
薄れる意識の中……
サムライ翔
サムライ翔
KAITOくん…
サムライ翔
サムライ翔
僕、絶対、KAITOくんの自慢の彼女になれるように頑張るからね
(*´³`*) ㄘゅ💕
KAITO
KAITO
ん…
サムライ翔
サムライ翔
はぁ…
なんでこんなに好きなんだろ……
そらびび
そらびび
KAI翔イチャイチャしすぎじゃない?
スマイリー
スマイリー
すっごい進展してる…w
なろ屋
なろ屋
文字数も多いし!!
ズルいよー!
KAITO
KAITO
ごめんなさいw
とまと。
とまと。
KAI翔好きなんですからしょうがないじゃないですか…((
サムライ翔
サムライ翔
まーまーまーね?(KAITOくんとイチャイチャ出来て満更でも無い様子)
こーく
こーく
まぁ、僕らも文字数多くしてもらうからね
そらびび
そらびび
え、やだ
こーく
こーく
え、なんで
そらびび
そらびび
めんどくさい
こーく
こーく
酷くない?
なろ屋
なろ屋
あれ、こくびびって仲悪いの?
スマイリー
スマイリー
なろくん、ツンデレって知ってる?
KAITO
KAITO
まぁ、次回はこくびび!
サムライ翔
サムライ翔
お楽しみに〜♪
こーく
こーく
俺らが言うセリフ!!!