無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

# わ か ら な い ?!


あなた side





え~ 、どもども 。紅一点の 、菊池あなたです 笑

私が所属している 、" はいび〜 " は 、



とても … うるさいですはい ((















優斗「 あなた!あなた!!」














特に 、この髙橋優斗とかいう奴が ←


















優斗「 今日 、雑誌のインタビューだって !
もうすぐスタッフさん来るってよ〜 !」



『 うん 、わかった 。静かにしよ 笑 』



涼「 そうだぞー 笑
優斗うるさーい 笑笑 」



優斗「 ごっめ〜ん 爆笑 」















いつにもましてうざいな ((
















雄登「 あなた 。これの答えわかった ?」





















なすび とは 、高校が同じだから



よく授業で分からないところがあった時 、



いつも私に相談してくる 。



けれど 、大抵私も解けない ←






























『 そこ 、私もわかんなかった 』



直樹「 そこは 、最年長のなぁくんにお任せあれ !」
雄登「 どうぞ ?  解けるものなら 」



直樹「 … なんじゃこりゃ 。
今時の高校生って 、こんなむずいの ?!」



『 まあ … 笑 』



直樹「 わーーお 」



一世「 え〜 、なぁくん勉強出来ないの〜 ?」



直樹「 そうみたい … 」←



『 よし 、じゃあ 、あいつの出番だな 』




























私となすびとなぁくん ( ついでになぜか優斗も )



は 、最終兵器の元へ向かった ((