無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

# 喧 嘩 ? ! 2



浮所 side













『 おい 、那須ううう !!』























ぼくは大声でB少年の楽屋のドアを開けた 。

( さっきはHiHi Jetsの楽屋にいました ♡

ぼくの大声にビビって振り返る一世とりゅーが 。



鏡の前でずっと髪をいじってるなぁくん 。



スマホに夢中なたいしょー 。

そして  …  部屋の隅に体育座りをして



顔を伏せている那須 。

























『 え 、なに 、那須 ? 』



雄登「 … 」



龍我「 さっきっからずっとそれなんだよね〜 」



一世「 落ち込んでるっぽいです 」



『 那須 、あなたとなんで喧嘩したの 』



B少年「 喧嘩 ?! 」



雄登「 実は … 」




























那須 side



あれ 。なんかHiHiの楽屋に



めっちゃ美味しそうなお菓子置いてあんじゃん !



食べても良いかな〜 。怒られないかな〜 。



まあ 、瑞稀くんのだったら怒られないかな !←



食べちゃえ !!! ( もぐもぐ

















あなた「 なすび〜って何してんの ?」



『 ん ?めっちゃ美味しそうなお菓子あったから
食べてるの 。あなたも食べる ?』



あなた「 え … ねえ 、これ私の !!!」



『 え 、まじで ?! ごめん !!』



あなた「 なんで食べちゃうの ?!
勝利くんからもらったのに !!!
ひどいよ !!!」



『 … ごめん 』



あなた「 もう那須なんか知らない !」



『 … そこまで怒る ?』



あなた「 は ?」



『 だってただのお菓子じゃん 。
てか 、食べられたくなかったなら
名前でも書いときゃよかったじゃん !』



あなた「 お菓子に名前書く人普通いる ?!」



『 いないよ !いないけど !
お菓子食べられたくぐらいで
そんな怒ることなくない ?って言ってんの 』



あなた 「 なんで那須にそんなこと言われなきゃ
いけないの ?!
てか 、那須張本人じゃん !」



『 そうだけど俺謝ってんじゃん !』



あなた「 … もう那須なんか知らない !」



『 俺だってあなたなんか知らないし !』




















浮所 side






雄登「 … ってな感じで … 」



大昇「 あーそれは完璧那須が悪いね 笑 」



龍我「 逆ギレしちゃダメでしょ 笑 」



一世「 でも 、あなたちゃんも
あなたちゃんですよね 」



直樹「 まあどっちもどっちでしょ !」



雄登「 うわああああやっちゃった … 」




















那須 … 相当落ち込んでるな 、笑

しょうがない !



ここは 、ぼくが手を貸してあげよう !!←




















『 ちょっと待ってて 』






















ぼくはそう言い残してHiHi Jetsの楽屋に



ダッシュした 。