無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

# 撮 影 4


あなた side











『 はあ … 、』





























あああああどうしよ !これから撮影だよ ?!



無理にでも笑顔作んなきゃ笑顔笑顔 … 、

























『 はあああああああ 』
























自販機の前でため息ばっかついてる私って



側から見れば変人なのかな (( 笑笑

























一世「 ため息ばっかついてたら幸せ逃げますよ ?」



『 いっせちゃん … !!』



一世「 橋本くんと何かあったんですか ?」



『 いや 、特に何も … 。
そそそそーゆーいっせちゃんこそ 、
なんでここに ?!てか 、いっせちゃん
コカ・コーラ飲まないのに … 』



一世「 橋本くんに頼まれて買いに来ました 。
ちょっと買いに行ってって 」

























あー今頃楽屋の話には花が咲いてるんだろーなー 笑

しょうがないからここで数分潰そう 笑


















『 いっせちゃんはさ 、
誰か好きな人とかいないの ?』



一世「 好きな人 … みんなですかね !」



『 わあいっせちゃんまじ良い子 』



一世「 グループのみんなも好きですし 、
ファンの皆さんも好きです !」



『 よし今度勝利くんよりも
高いおやつ買ってあげる 』←



一世「 わあほんとですか ?!
ありがとうございます !笑 」



『 そろそろ帰ろっか 、楽屋に 』



一世「 はい !」
























いっせちゃん 、今楽屋でトークに花咲かせてる



奴らとは違ってもっと可愛い路線を生き抜いてね ((






そしてそのあと 、



りょ~くんにしっかり謝りに行き 、



その日の撮影は終了したのであった ((