無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

# Jr. ク イ ズ 3



あなた side





健人「 3人目のじゅにあー !!
出ておいでー !!」






















健人くんが舞台袖に声をかけて出てきたのは …






















『 パセリの次はなすかい 。
どっちも嫌いなんだけど 』



雄登「 俺は好きでしょ ??」



『 なすびは好きっ !!』



\ きゃー !/



風磨「 おいおいおいおい 」



健人「 なんだいシスコン風磨くん 」



風磨「 シスコンじゃねえよ 。
けど … 、」



『 けど ?』



風磨「 うん 、やっぱなんでもねえや 」



勝利「 ふふふっ 笑 」



『 なんで勝利くん笑ってるの ?!
なすびもけんてぃーものんちゃんも
ファンのみんなも ?! 』



雄登「 分かってないのあなただけだよ ?笑 」



『 ええええええ ?!』



健人「 皆さんこれが世に言う鈍感というやつです 」



\ かわいー !/



『 ファンのみんなの方がかわいいよ〜 ♡ 』



\ きゃあああああ !!/



雄登「 今日はやけにファンサ多いね 」



『 今日はとくばつしゅっけちゅ … んああ!
うん !そゆこと 』



風磨「 滑舌ほんと悪いな 」



雄登「 それ言うなら優斗もですよ 。
さすがシンメだよね 」



『 えへへ〜そう ?笑 』



望「 あのお … 」



『 へっ ?』



望「 そろそろ問題行きません ?笑笑 」



健人「 そーですね !はい 、那須くん問題 !」


































時間押してるから 、はーりーあっぷ !なすび !!













































雄登「 はい 、問題 !
俺が今ハマってることは何でしょう !
①人間観察 ②ローラースケート
③あなたの髪を結ぶ 」



健人「 シンキングタイムは20秒 !それでは〜 !」



『 人間観察って元から趣味じゃなかった ?』



雄登「 … さあ … ? 笑 」



『 こーゆー時だけ 、じらすのまじずるい !!』



雄登「 へへ 、笑 」



風磨「 もうあそこ2人の世界に溶け込んでね ?」



望「 見えない壁があるみたいやな 笑 」



健人「 はいシンキングタイムしゅーりょー !」



勝利「 それでは !
いっせいに札をあげてくださいっ !」



『 さん !』



風磨「 いちー 」



望「 にー 」



健人「 ほほう 。なぜ菊池は1を ?」



風磨「 いや 、元から趣味なのかなとか
思ったんすけど 、那須って
そんなおかしい奴じゃないなって思って 」



雄登「 風磨くん …… !!」



風磨「 べっ 、別に褒めたわけじゃねえよ !! // 」



勝利「 これこそ兄弟 」



風磨「 良いから早く答え !」



雄登「 はーい 笑笑
答えは …



























3番です !!!!!」



望「 あなた有利やん !!」



『 へっへへ〜 ( ドヤァ
最初っから知ってたもんね〜 !』



望「 それはずるいわ〜 」



風磨「 てか俺金ないんだけど
クロエ買えないわ 」



『 はあああああ ?!』



風磨「 うそうそ 、笑
買ってあげるから ( ポンポン 」



『 っし !以上 !Jr.クイズでした〜 ( ニコニコ 』



健人「 え 、なに勝手に終わらせてんの wwwww 」



勝利「 まあ … 良いんじゃないですか ?笑笑 」































クロエっ♬ クロエっ♬ クロエっ♬