無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
304
2021/10/02

第1話

浮気
俺の名前はアオイ。
かっこいいと思わないかい?
この名前。



ま、それは置いといて
俺は今リア充である。
羨ましい?
アカネ
ただいま〜
アオイ
お帰り!
アカネ
アオイ〜
今日も仕事疲れたよぉ〜



いや可愛い。
アカネは確か出版社に勤めている。
なぜ俺が家で留守番しているのか?
そう、俺は仕事をしていない。
仕事が無くてもアカネは俺と付き合ってくれている。
しかもここはアカネの家だし。


そのことについては本当に申し訳ないと思っている。
アカネ
ちょっと休憩するかぁ
アオイ
そうしよ!
アカネ
おやついる?
アカネはビニール袋からビーフジャーキーを出した。
アオイ
やった!
俺はおやつの中でも、これが一番好きだ。
アオイ
アカネはいらないの?
俺はビーフジャーキーをアカネの前に置く。
アカネ
アオイ〜
やっぱ優しいね!
俺は優しくない。
アカネの方が優しいし。
ていうかアカネ可愛い。
アカネ
じゃ、私、夜ご飯作るね!
アオイ
お願い!
アカネは料理も上手い。
何から何までアカネはしてくれる。
本当に申し訳ないと毎日思う。



美味しいご飯を食べ終わったら次はテレビタイムだ。
今日は火曜日だから9時からドラマがある。
アカネ
あー、いいなぁ!
テレビの中で男が女に後ろから抱きつく。
アオイ
俺だってできるよ!
ギュッとアカネに抱きつく。
アカネ
アオイぃ〜
可愛い〜
アオイ
いやアカネの方が可愛いって!
アカネ
アオイ好きだよ!
アオイ
俺も!
夜は同じベッドで寝る。
アカネ
おやすみ!
アオイ
おやすみ
ね!
ラブラブだろ?




アカネ
ただいま〜
アオイ〜
アオイ
おかえり!
あれ?いつものビニール袋を持ってない。
そのかわりスマホを持ってる。
アカネ
あー!
疲れた!
疲れたと言いながら何かアカネは楽しそうだ!
おかしい…おかしいぞ!



アカネがお風呂に入ったのを確認してスマホを見る。
な!
タクヤ
明日…遊べる?
アカネ
うん!でも外出は今よくないから私の家に来てね!
タクヤ
やった!初めてアカネの家に行く!
アカネ
私も初めて彼氏家に入れるな(#^.^#)
なんだこのメッセージは!!
おいおい、彼氏を家に入れたことがない?
俺いますけど?!
誰だよタクヤって!ざけんなや!
アカネ
フぅー
アカネがお風呂から出てきた。
アオイ
アカネ!
どういうことだよ!!
アカネ
ちょっとうるさいよ、アオイ〜
何?そのリアクション!
浮気してるの俺にバレてもいいと思ってんの?
アオイ
どういうこと?
おれ、彼氏じゃないの?!
俺の言葉を無視してアカネはスマホをいじる。
アカネ
あッはは
タク、おもしろ!
マジかよ…
俺は怒るのを通り過ぎて
呆れる。
アオイ
もう、知らないからな!
寝る!!
アカネの布団はいつも通りいい匂いだった。



目が覚めた。
なんだ、下から声が…
タクヤ
アカネ可愛い〜!
アカネ
もぅッ!タクったら!
クッソォぉ〜!
俺が二階にいるのに!
イッチャイッチャしやがって!!
タクヤって言う男にめちゃくちゃ怒ってやるよ!!
アオイ
アぁカネぇ!!!
ダダダダダダ!
階段を急いで降りる!!
アカネだ!!
アオイ
おい、その男は敵だ!!
俺と付き合ってんじゃん!
ふざけんなよ!!!!!



ーーーーーーーーーアカネ視点ーーーーーーーーー
アオイ
ワン!!
ワワワン!!
ウゥーーーーーー…
ワン!ワワワワン!!
アカネ
もー、うるさいよアオイ!
ごめんね、うちのペットの柴犬がうるさくて。
タクヤ
いや、この犬、可愛い〜
アオイ
ゥ〜…?