第6話

6.


スタスタ









「せぇ〜ふ!!!!」





















先生「バカ。セーフじゃないねん。笑笑
ちゃんとした遅刻や。」





















「先生〜。厳しいねん〜。ほら。駿佑が居るんやし、今日だけ許してや。♡」
















道枝「♡」













先生「許すか。笑笑 はよ席座れ〜」






















駿佑「先生のケチ〜」














「やなやな。座ろ」








スタスタ















私と駿佑は、席に座った。






















駿佑「先生〜。」(手を上げる)



















先生「なんや。」


















駿佑「今日、俺早退でぇーす。!!」












先生「分かった。」





















先生「だけどな。そういう事を言う時は、みんなの前やなくて、個人で来いや。笑」





















駿佑「すいません〜!!」




















「駿佑。早退ってレッスン?」




















駿佑「そうや。」




















「私も会いたい!!!!!!」



「長尾くんたちに!」















駿佑「ぜぇぇぇぇったい!ダメ。」




















「なんでや。😭😭😭」















駿佑「だ、だって。ダメなものはダメ🙅‍♂️」














「駿佑のばぁか!!。流星くんに会いたいぃぃぁぁぁぁぁ」


















駿佑「ファンレターでも書いとけ。笑」




















「あっ。その手があったか。( ̄^ ̄)納得」













駿佑「いや、、、。納得してもうてるし、、」



















「ファンレター作ろ。」















「それで、会いに行きます♡って言えばいいんやな。」















駿佑「。ジャニヲタが会いに行きたいって怖。」


















「駿佑がこれ、俺のいとこ♡。って言って渡してくれればいいやん。」


















駿佑「嫌や。」



















「(・ε・`)。いいですよ〜だっ!」


















「駿佑のばか。」














駿佑「あなたのバカ。」






















先生「あ、あの〜。お二人さん、、、笑」