第25話

25










\ \ バタン / /















『 な… な なによ 』










駿佑 「 なに? 怒ってんの…、 」










『 怒ってない。 てか駿佑に壁ドンとか似合ってない 』




駿佑 「 逆にあなたが不貞腐れてるのも似合ってない。 」










『 … っっ 、 』










駿佑 「 俺が言ったこと…気にしてんの?」
















『 … そうだよ? だからなにって話だけどね 』












駿佑 「 あのさ、俺 別に… 」
















『 し…知ってるから 私の事どうも思ってないこと 』












駿佑 「 は? なに言ってんの 」









『 逆になに?笑 』












駿佑 「 だから … 、その 、 すき… だk… 」










『 別に無理に言わなくていい。 』















『 てか 壁ドンもういいでしょ?駿佑が背が高いのはもう分かったから離して。 』





駿佑 「 いやだ、 離さないから 」












『 なんで? いいから… もう離してよ… 』















駿佑 「 ごめん 俺が悪かった 嘘ついたから 」












『 嘘なんてついてない 。 駿佑が言ってたことは本当。 』








『 私達は ただの幼なじみだから 。 』











駿佑 「 ち… ちが う 」










『 違くない 違くない 違くない!! 』











駿佑 「 うるさい。 違うから ! 」











『 じゃあなに?私の事好きなの? 』










駿佑 「 … すき、 いや… 大好き。 」 ボソッ













『 じゃあなんで嘘なんてつく必要が? 』











駿佑 「 … それは、 その… 」












『 分かってる… 駿佑は芸能人だからでしょ?あんたにはファンの子が居るもんね 』










駿佑 「 … っ それもある 」










『 だから 駿佑は私を好きになっちゃだめ。私もあんたを好きになっちゃだめ、なわけ 』










駿佑 「 それは違う だろ…? 」



『 じゃあ 駿佑はファンの子を裏切るんだねっ… 』










駿佑 「 裏切るわけじゃない… 俺のファンの子は俺の恋を応援してくれるはず…だから 」















『 ほんとにそうなのかなー? 』










駿佑 「 あなた… お前ムカつく。 」











『 別にそのまま叩いてもいいよ?殴ってもいいよ 。うん ほらどうぞ… 』











































私だって なんでこんなにキレてるのか分からない。

逆に駿佑はなんも悪くないし 駿佑が合ってる。
本当は 好きになっててほしい… 両思いになりたい気持ちしかないはずなのに、



無理矢理 駿佑の気持ちを聞かずに抑えてる…、 もうなんなんだろ 自分 笑 バカバカしい