第15話

15













駿佑「いや、可愛くないし。」(真顔)





























「いや、真顔で言うなし。」(真顔)
























駿佑「せっかく…いい話聞かせたあげようと思ってたんやけどな~」

























「なに?( ´﹀` ) 教えて~やぁ」





















駿佑「ッ…/」
















駿佑「近い近いっ!」



















「ごめんごめん。でぇ?いい話とは」























駿佑「関西ジャニーズJrのぉ…」



















「会えるん?!?!?!なぁッ」






















駿佑「いや、反応早いって。」























「ほんま?えっ。会えるん?!」


















駿佑「まだ なんも言ってへん。」














「ん…」














駿佑「ベットに座ってないで床に座りなさい。」



















「はいッ。」


















「☆°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝」











駿佑「皆が…あなたに会いたいってさ…」

















ギュッ





「もう、駿佑大好きやァァァァ」











駿佑「なに。もうッ」









「やったぁぁ… 泣きそう…はぁはぁ」
















駿佑「ちょ、やめ。この体制で泣いたら俺の服汚れるやろ。」
















「いいやん。汚れても、」



















駿佑「ダメだァ。これ Hey! Say! JUMPさんのTシャツやから」

















「細かいなぁ~」