第4話









カチャ














駿佑「つーしょっと。」





















「ちょ!!。なんでぇぇぇ」


















駿佑「なにが?」




















「加工は?加工加工!!。加工が命!なんだよ?!」
























「駿佑はさぁ!元々顔小さいけど私はぁぁぁ!」






























駿佑「あなたの方が小さいけど…。」























「あっ、、。素直に嬉しい。。しょうがない
許す」






























駿佑「許す。ってなんだよ。笑」






















「許す。は許す。だよ」




































駿佑「あっ。はい」


















駿佑「で、こんな時間だけど?」






















」「あっ!やば」
















「早く言ってよ!もう。」












_______________











「早歩きだからね。」








スタスタ













「って、駿佑も遅れになるけど平気なん?」















駿佑「うん。」

















「まじで。」














駿佑「俺、優等生やし。言い訳出来るし」













「うわ。↩︎出たわ。優等生気取りのやつぅ」

















駿佑「いや!!。優等生やし!!。」

























駿佑「気取ってないわ!!」






















「はいはい。」