第23話

23



















『 ごめんな、 買ってもらっちゃって 』
















駿佑 「 買ったからには 太るなよ?笑 」












『 う、、、うるせぇぇあー!笑 』


















駿佑 「 怒るなって、笑 」



































『 、、 、 ありがと… 駿佑 ん… ゥ 』













駿佑 「 ち、、ちょ 待て待て もしかして泣いてんのか? 」















駿佑 「 え、あッ どうしよ 待って 俺が悪いみたいに見れるやん、 まて 裏行こ。うん 」











































































駿佑 「 ほら ここ人いないから 話してみて? 」












『 。 。 。 。 。 。 』








駿佑 「 なになに なんで泣いとるん、泣くのやめなさい。! 」






『 ほんとに 話していいの…? 、 』














駿佑 「 おう…、 いやなに逆に 気になるわ 」














『 駿佑… はさ 、 ッ 』














『 なんで 私に 優しいの?? 』
















駿佑 「 そりゃ〜 女の子には優しく やろ? 」
















『 ちゃうやん、、 学校では 塩やん 他の女子には… 』

















駿佑 「 それは、、 その …… 」









駿佑 「 ずっと一緒にいるからや、 あなたと俺は 」





































『 じゃあ 聞くで?… 私の事 どう、 思っとるん? … ( ) 』









駿佑 「 逆に真顔になるなよ… 、、 」



















『 で、 どう思っとるん? 』
























駿佑 「 あなたは… 俺にとって 、 、 」






























































駿佑 「 ただの 幼なじみや、、よ? 」














『 、、、、 ッ 、 』


















駿佑 「 ほらほらッ! あれだよ 妹みたいな… 可愛いくて 一緒にいると楽しいとか?! そんなかんじ。 」

















『 そ… うだよね! しってる 』















駿佑 「 … あなた? 」















『 うん知ってた知ってた 行こ、 かえろ、 』















駿佑 「 ちょ まてよ。 」