第24話

24













めちゃくちゃ 楽しかった駿佑とのデート








あの事を聞かなければ 楽しいままで終わってたんかな…、、



















はぁぁぁぁぁぁぁあ











なにやってるんやろ…








アホやな… 私 。








こんな時に 聞くとか ありえないわ… まじでッ、

















もう !! あのまま 帰っちゃったし…










はぁぁ!。! ばかばかばか































てかさ てかさ、 私の事好きじゃないのに なんであんな態度とるん? ! おかしいやん












おかしいやん!!







おかしいやん…、、、






























やっぱり あいつもアイドルなんだな…










わかってたけど どこかで期待してた…。


















うざいわ… 駿佑も 私も…
































コンコンコン





































『 は?! って なんで窓の外に! 』














_______________



















駿佑 「 俺ん家の木から 登ってきたら ここまでこれた、笑 」


























『 ばか … 危ないやろ… 』


















駿佑 「 だって お前うるさいんやもん、笑 どんどんどんどん こっちの家まで響いとるわ 」






















『 う… うるさい 運動だよ運動!! 』





















駿佑 「 あっそ、〜 」


















『 てか もう夜中だから 帰ったら?? 』



















駿佑 「 い… や だ 」



















『 っ… そんな事言われても 』


















駿佑 「 いいやん、 あなたの母さんいないんやろ? 」



















『 そういう問題やないねん、 』















『 明日もはやいし ね?? 』






























_______________








この先の展開は




塩に なるか 砂糖 に なるかお楽しみです😖