第5話

5.



「でなでな!」
















「行列見たで。」
















駿佑「どうやった?」















「え?駿佑以外の皆イケメンやったわ」















駿佑「なんでや!」



















「だってぇ〜。まるごとバナナなんて
可愛こぶってるようにしかみえん。笑」

















駿佑「違うん!まじで食べてるんよ。まるごとバナナ!!」
















「食べてるとこ見たことないけど。」














駿佑「一人で食べてるん!



















「でさ〜、流星くんと長尾くんは神でしたね。制服」













駿佑「(´-ε-`)。」
















「な〜に。( ・∀・) ニヤニヤ」




















駿佑「ジャニヲタは、皆のことを愛するんやで?」

















駿佑「俺…。愛さてれへん…あなたに」




















「だね。」(即)























駿佑「そこは、愛してるで。って言うのが正解なんやで!笑」











「私に正解なんてないでぇ〜。」




















駿佑「だから、あなたは…。。」










































「愛してるで。」






















駿佑「え?」























「ほら、はよしないと。怒られるで」
























駿佑「…。」






















駿佑「俺も、愛してるで。」ボソッ

























「そんなこと。いちいち言うとか。ホントにアイドル気取ってますね〜。笑笑」





















駿佑「だから。気取ってへんし!!。別に」






























「そうですか。笑〜」


























駿佑「もう…。!!」ボソッ