無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

おかえり!
どぅーもぉ!重岡です☆今日は神ちゃんが退院する日やからサプライズパーティすんねん!

濱田「あなたこれ味見して〜!」

桐山「あなたこれどうする?〜」

小瀧「あなたこれさ〜....」

あなた「ちょっと待ってや〜。もぅ!流星これは犬でしょ!」

藤井「犬が犬で猫が猫か」

あなた「そう....!」

あっ。今流星はプレゼントの箱にシール貼ってんの!

あなた「濱ちゃんなんや〜?」

濱田「これ味見してほしいなって( ˙꒳​​」

あなた「分かった〜!モグモグ美味しい!」

あなた「次は....あっくんなんや?」

桐山「これどこに飾ればいいかなって」

あなた「これはここがいいんちゃうかな?」

桐山「ほんまや〜!ありがと〜」

あなた「のんにぃ何?」

小瀧「俺のこと、のんちゃんって呼んで?✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝」

あなた「おぬし、そんな理由で我を呼んだのか....成敗してやる!」

小瀧「うぎゃー!」

2人「よし決まった。」

あと。出し物もするんよ。小瀧とあなたと照史は劇をするんよ、だからさっきのはあなたのセリフ。可愛ない?

あっ。俺?俺はなぁ〜

あなた「もぅ!しげちゃん後ろついて来やんといて!」

「だって暇やもん!」

「もぅ!淳太くん〜」

中間「何やねん、こっち来んなや〜!」